怒濤の忙しさ

忙しくしているのは自分だけれども、中々手が空かない。

それ以上にやることがあるからだ。

続きを読む

そこここにあることばのちから4限目

心の思いを数値で表わすことで、曖昧だったものに一つの指標をつけ、それを元に解釈を整理していく道がある。

そこここにある“ことば”のちから とは、そんな技術の一端を知らせて、自身の心の整理に使ってもらうものとして、学びの場にしてもらうものである。

続きを読む