右脳派と左脳派とタイプが分かれる その3

言霊ブログへようこそ。

右脳とか左脳とかってあると、自分がどっち派か知っていても読んでしまうよね。

んで、試す。

だよね〜。って自分の感性を確認して安堵したりして。

大体は自分の感覚に合う答えを探し求めていてさ、「わぁ〜何でわかるの?」とか不思議がってみたりするけど、見たいものに寄る性質がそもそもあるから、書いてあることに沿わせようとする精神的な働きもあるんだよね。

それで「合っている」とか言っちゃうの。

何事も楽しんだ者が勝ちってもので、深刻に捉えたり、それで何か具体的な解決を求めている訳じゃないんだよね。ただ、自分がどんな性質持っているか知りたいだけで、求めているのは「笑い」だったりするんだよね〜。

 

ってことで、続きです。

 

 

「左・芸能者」
このタイプは、どこでも楽しみを見出そうとアンテナを張っていて、面白そうなものがあると、割って入っていくようなところがあります。凝り性でもあり、自分の興味のある分野はとことん追求して、周りが見えなくなります。楽しくてたまらなく、人にも勧めるけれども、大体は遠慮されて寂しい思いに浸ります。近くに似たタイプに恵まれず、友だち付き合いも乏しく、構ってくれる人に飢えています。どうしようもなく人と遊びたい気持ちはあるものの、嫌われるような関わり方でしか接点を設けられない気の毒な人です。悩み事もいっぱいあるけれど、いっぱい棚上げしてほったらかしにして、脳内パラダイスにして妄想にふけるところが間々あります。何事も追求してしまうところがあり、上っ面の解釈では満足しないため、深い質問すると嫌われることがあり、「生意気」とか「偉そう」とか「人の気持ちがわからない奴」とか言われることが多く、その都度「教えて」と思ったり、聴いたりもするもの、「自分で考えろ」と答えてもらえずに、嫌われる解答を得られない苦しさの中に埋没します。人を見て学習して、「これならいい」と思ってやると、叱られ、怒られ、辛く当たられ、道を見失います。真似するしか手立てがないにも関わらず、その真似が間違いだと言われて混乱を来して、今に至るのがこのタイプの性質です。混沌が混乱を呼び、狂気に墜ちていきそうな闇がのし掛かっています。感覚としては「何をしてもダメとしか言われない」という思いに縛られ、出口のない迷宮をさまよい歩き続けている感覚でいます。

弱点は、人の相容れないところです。仲良くしてくれる者はごく少数か皆無で、それを除くと人間不信になるしかないような扱われしかしておらず、人がわからないし、自分を理解されることもありません。どれだけ腹を割ろうとも、懇切丁寧に話しをしても、聴いてもらったとしても解決する糸口が見出せず、最後には相談に乗ってくれた人も離れていく結末を何度も体験してしまうところです。理解されないと知っていても、理解されようと理解に努めるものの、その成果が上がることはありません。

得意なこととして、「自分でやりたい」と湧き上がるものはモノにすることが出来ます。「出来る」という感覚が人とは違う何かによって触れている為、本人自身無自覚なところが多く、その流れに乗ると思いがけない力が発揮されることがあります。多くは、その過程において、何らかのダメ出し、批判、からかい、嫌がらせを受けて遠ざかり、自分の本当にやりたいことを見失っていきます。コツ勘を掴んだ者のは、その力をより引き出そうとしていきます。踏み出したことのない世界に飛び込むと、自分と同じような者たちと出会えるため、世界が激変していきます。その中で自分だけが異常ではないということを知ると力をつけていきます。自分が決めて、自分なりに納得した思いで動き出せたとき、うまく行くようになり、今まで嫌っていたような人でも、協力したり、手伝ってくれるなどして世界が変わり出します。本人も「不思議」という他ないようなことが起きていく人です。

 

 

とまぁ、芸能者は、当事者以外には理解されず、「不思議系」で片付けられてしまう疎外感的な部分があったりします。
天然系とか。自然系とか、色々ポジティブに見出そうとする言葉で飾られているけど、その実、あんまり深く関わろうとしてくれる人が少ない。だらね、内面は、結構テンパってます。

感覚でしか物事を摑めないし、言語化できない苦しさ抱えているからさ、その感覚を具体的に摺り合わせるような言動に入って、少しでも理解しよう、わかろう、教えてもらおうってすると、今まで指導していた人の表情が一変して、手の平を返してくるの。もうパニック。散々あなたの為って詰め寄ってきた姿から、突然切れ始め、自分で考えろと突き放しにかかっちゃうわけ。こういうことを無自覚にしている人って結構いたりして、無自覚だから指摘しても悪いのはこのタイプにされて、その結末の泣いている姿だけ第三者に見られて、駄々をこねている、捻くれている、わがまま言っている、なんて扱われて困惑しか出来ないの。もう最悪で、路頭に迷わすだけなんだよね。可哀想ったらありゃしないよ。

精鋭者はとかく自分で答えを見つけることに着眼しているため、自分と同じようにするのが一番だと思うわけですが、ほら、タイプ別性格は、その側面があるだけで、誰しもこの「左・芸能者」は持ってるの。持っているから、当然「右・芸能者」という側面から関わらないとアウトなのですね。「左・精鋭者」なんてのは「右・芸能者」なんて取り出しもしない性格だから、使えるわけがないの。だから、そこに投げかける質問が来ると、地雷踏まれたごとく怒っちゃったりするのよ。

同じ性質の左右のバランスが崩れている者同士で相談したってラチ空かないのよね。
まったく、いい加減「その人」では答えが出せないって気づかないと。

もし、困ったちゃんとして「左・芸能者」を見かけたら、自分も「右・芸能者」となって感覚で掴ませるような言葉や態度で示してくことだけど、まぁ、出来る人なんてまずいないから。「地雷」よ。それを自分で踏んだ上で、感覚で掴み直してから言語化する作業が出来るなら、とっくにやっているって。

最悪は「左・精鋭者」とかでまくし立てられるように解説がはじまること。「???」に拍車がかかるだけで自閉モードに突入しちゃいますからね。

人が人に指導する時って、精鋭者タイプが多いから全くこの世界はどうしてこうも感覚がないの? ってほど、無神経になってるの。左脳系は、とっても有効に思われるかも知れないけれど、左右の連携だからさ。協力していかないとね。それに気づいていただく為のタイプ別ですからね。

それだから左・芸能者タイプ左・精鋭者タイプに指導するのも不向きですからね。指導というより、放置という方が適切ですけど。左・芸能者が指導するときは、自分で感覚を掴んでもらうしかないから、「盗んでね」としか言わないから。www

 

まぁ、これがわかるなら、自分の中の「左・芸能者」はここかぁ! と自覚してもらえたら何より。この子放置しちゃうと、霊性なんて摑めないからね。

 

ほとんどの人が、「地雷」の下にこの子がいるので、地雷を踏み続けて、撤去してからでしか関われないと思ってね。だから、霊性開花ってセッションからはじめていたんだよ。

表裏構造とかでいきなり、霊性に触れるワークも最近でははじめたから、コツ勘を直に触れたいと思う人は来てね! 次は青森の弘前市よ〜。

 

 

《左脳派と右脳派とタイプが分かれる》
【その1】【その2】【その3】【その4】【その5】【その6】

 

花でも買って帰ってみよう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。