わかり合えないなんて言うなよ

人の心はさ、幾重にも複雑なものが絡み合っていて、簡単には紐解けたりはしない。

誰もが自分の目の前に来る現実ってものに、打ちのめされて、励まされて、迷いながら進んで行く。流されることもあるし、自分で踏み出していく事だってある。

 

かけがえのない日常。

 

守らなければならないのは、そんな在り来たりの毎日。

映画や小説や漫画の締めくくりに繰り出されるそんな当たり前のようにある「何気ない一時」をつい忘れてしまう。

 

それは、とてつもない苦しみに墜ちて帰還した者だけが言える台詞なんだろう。

 

なんとなく幸せ。

 

ううん、きっと幸せに違いない。

 

何気ないもの。こんな毎日。きっとこれが幸せの筈なんだ。

 

 

苦しい? ううん、苦しくはない。

 

辛い? ううん、そうでもない。

 

悩み? ん〜、あるような気もするけど、今はない。

 

 

これが現実。

得に人に相談しなければならないようなことなどない。

 

 

大丈夫、一人でやっていけている。

困っていない。問題ない。大丈夫って言えるから。

 

つまらないことは、沢山ある。

でも、人に心配かけたくないし、迷惑しているなんて言われたくない。

だから、今のままでいい。

 

夢? そうね、ある。
そりゃ、色々ね。人並みなことは思うよ。
でも、恥ずかしくて言えない。言うつもりもない。

 

幸せな人を見ているのは好き。

とても励まされる。応援したくなる。力もらえる。

 

「そうそう! そうだよね!」て言えている瞬間が幸せ。

 

でも、いつも見ているだけ。

自分は何も変わらない毎日という幸せの中にいる。

これが、幸せなんだ。

これが幸せなのかな。

 

 

一人で生きているとも思っていない。

みんな感謝している。みんないい人だ。

そう、いい人だよ。

 

笑えないのはわたしがおかしいだけ。

ちょっと疲れているんだよ。忙しかったからね。

あれ、いつからだろう?

笑っているよ。うん、笑っている。

ネットの記事見て笑っている。

日常の中で、合わせて笑っている。

自分から笑っていないや。

お出かけしても、何していても、これ、笑わされているだけだ。

 

笑っていないよ。

わたし、笑っていない。何も与えてないもの。

 

 

何もしてない。

 

 

これ、日常じゃない。

 

 

惰性だ。

 

 

生きてさえいない。

 

 

良いこと言う人に群がっているだけだ。

アリだよ。

砂糖に群がるアリのようだ。

寂しい……。

 

 

ああ、そうか、わたしは寂しかったんだ。

それに触れたくなくて、こうしてネットをさまようんだ。

あはは、わたし苦しんでいるじゃん。

 

 

気づかなきゃ良かった。

知りたくなかったわ。

もう、最悪だよ。

こんな気分にさせないでよ!

誰も望んでなんかないよ!!

酷いよ!!

 

 

わたしの日常返してよ!

 

 

あはは、日常だって。これも日常だし、毎日見ているネットの日々となんら変わらない。

モンスターが突如襲ってくることも、ゾンビが街に溢れ出すなんて事もない。

平凡も平凡! 奇想天外な動画を見て笑っている日常と変わりない。

でも、襲われた。

崩された。

悲しみに支配されたよ。

寂しいもの。

 

 

 

辛いなぁ。

 

 

自分から笑いたい。

 

 

人に幸せ与えたい。

 

 

何かしたい。

 

 

何もない。

 

 

何もないわ。何して来たんだろう。

どれもこれも、みんなと同じだよ。このくらいのこと出来る人いっぱい居る。

私の代わりなんて幾らでもいる。

他と違うのが嫌で、みんなと同じにしてきたのに、みんなと同じになると、特別な何かをしている人が羨ましくて仕方がない。でも、自分には真似出来ない。怖いもの。出来る気がしないもの。怖じ気づいたままだもの。

 

 

あれ?

 

 

そっか、現実を打破する最弱な主人公っていつも、ここからはじまるよね。

 

 

何気ない日常が壊れた。

 

 

今、壊れた。

 

 

幸せが脅かされた。

 

 

ここからだよ。

 

 

今だよ。

 

 

そっか、踏み出すってここからなんだな、きっと。

 

 

わたし、何したいの?

 

 

人を笑わせたい。

 

 

辛い現実がはじまるよ。

 

 

どうして?

 

 

笑わせる人は、人の何倍も苦しむ道を歩くからだよ。

 

 

 

はは、そうだね。主人公ってみんな辛い道のりだものね。

格好良さそう……。

 

 

でも、でも、でも、でもやりたい!

変わりたい。

踏み出したいの!

こんな日常嫌なの!

これ、幸せなんかじゃない。

与えられた幸せの形にはまり込もうとして、自分を誤魔化すことなんてしたくない!!

もう、自分に嘘つかない

 

 

今からはじめるよ。

 

 

わたしを笑わせるのは、わたしです!

 

 

 

 

ここからね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。