うまく生きられないけど、笑って見せる

言霊ブログへようこそ。

今日は、おとぎ話をお休みして、宣伝です。

 

みんな興味あることにしか目が向かないもの。

好きなものにしか惹かれない。当たり前の話しだ。

自分の心の傾向に従って、チョイスしている。といえば聞こえは良いけど、流れに乗っているのか、流されているのかでは大違いだったりもする。

お金はかけたくない。

それを普通の心理として認識しているなら、「貧困」からは抜け出せないよって「お金の話し」をしてあげる。

成功の法則とか、幸せになる方法とか、幸運を呼び込むワークとか、色々あるけど、読む人が幸せになるのではなく、書いている人が幸せになるんだって答えを教えておくよ。

だから、やりなさい。

 

書きなさい。描いてもいい。歌でも、踊りでもいい。

動き出しなさい。

ってね。

 

その為なら、「お金はためらわずに使う」ってものでいい。

ただ、盲目的に使えって話しじゃないんだよ。

ちょいと前に、右脳と左脳の話しをしたけど、右脳は「はい、と言った以上、そのようになるまで動け」が答えで、左脳は「はい、って嘘をついてでも言うしかなかった理由を全て挙げよ」ってのが答えなんだよ。

 

言霊が、「言った通りになる」のは右脳的には、その通りに行動も従い続けるから、そうなるのであり、左脳は、「どうして心にもないことを口にしているんだろう?」と原因追及の手を緩ませないことなんだ。

 

それ、やってる?

 

そこのさぁ、警戒心バリバリで、いつも疑心に囚われて、「不快」=「間違い」=「近寄らない」という選択をし続けているあなた。

 

それで、幸せを引き寄せられると実感出来ている?

 

幸せ感に浸らせてくれるブログ追い求めても仕方ないよ。

 

そうじゃない。

 

幸せ感を与えている人になれているか? って話しだよ。

 

 

自分が幸せ感に浸ってどうする。

 

相手に幸せ感に浸って貰って、愛を与えたってことでしょう?

 

金を出し惜しみするような思想が、幸福をもたらすとでも?

 

ちゃんちらおかしいよね?

 

そこに与える精神の欠片が?

 

結局は、我が身可愛さだけだし、警戒心丸出しだし、不幸ですと宣言しまくっている生き方ですよね?

 

厳しいこと言う人は嫌い。

 

何故、厳しいことを言うのか考えようともせずに、厳しさを遠ざけてもなんの役にも立たない。むしろ、自分を甘やかすだけ。

 

提供される娯楽に乗っかるだけ。

 

そうじゃなくて、共有しないの?

 

幸せ感を分かち合う方向に向かって。

提供する側も、される側も等しく、同じ感覚に浸れば、分かち合うことになる。

 

有料ブログなんてものも別個で書いている。

書いていて思うのは、無料の読者より、大事にしたいって心底感じる自分が居る。

当たり前だよね。

 

ハッキリ言って、年間10,800円というのは高い!!

ベラボーに高い。

こんなものにお金払う奴の気が知れない。

そう、真道って人物を知らなければ払えない。知ってても払わない人もいる。

価値は自分で決めるもの。

 

うちのセッションは時価だから、受け取るモノが少ないと安く済む。

これを残念に思う人がいてくれる。真道ってカウンセラーでしか紐解けないものに関われたら、金額が跳ね上がる。でも安ければ、他の人でもなんとかなったよって話になるから。

それは、自分の意気込みと結果が噛み合わない時だ。

「50分10,800円です。」なんて言われたら、他でも解決したよって話になる。

それってどう?

「50分32,400円です。」って方が嬉しく感じられる精神ってさ。

自分の意気込みまで、単価に換算されてしまうの。

自分を誤魔化せないの。

遊ばせている分、損するのは自分だけ。

 

姿勢そのものを変えていかないと、現実は何も変わらない。

 

変化するときは、「何か」ではなく「何もなくても」で変わる。

 

それを「無条件の愛」って言うんだよ。

 

条件付きで変わろうとしているなら、何も身につかない。

 

ブログで陰陽師ネタを披露しているけど、過去世で陰陽師体験があるからだ。

今世に再現すると、こうだよって話しをしている。

その内、式神についても話すことになると思う。

とーっても残念な話になるだろうね。

漫画や映画に刷り込まれたイメージと、リアルに体感した者の答えとの差を楽しめるのか、どうか? 現実というのか創作というのかは、あなたの世界観次第だけどね。

 

とまぁ、有料ブログの宣伝ですよ。

遡って去年の有料ブログも3,888円で一年分読めます。

来年になれば、今年の分とはまた別になります。

登録すれば1月の頭から読めるようになるので、後から申し込んでも損することはありません。好きなときにお申し込みください。

 

有料ブログの申し込みはこちらから。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。