閑話休題 

コンシェルジュのミーです。

私、失敗しませんから!

いつかのドラマで流行ったセリフですね。

実は、いろんな所で引っ込み思案だったり、自分に自信を持てない私ですが、1個だけ、失敗しませんから!と自信満々言える事がります。

それは何かと申しますと・・・

『人生のターニングポイントをキッチリ掴む!』

今回も、ターニングポイント掴まえました〜♪

サロンドプティポワ主催の服部ちづさんによるパーソナルコーディネイト。

 

自分で生きる、自分の意見で生きる、自分らしく生きる、自分に正直に生きる、自分を生きる、

いろんな表現がありますが、まぁ、とにかく、人の意見、自分の意見、精査した上で自分がその判断の責任全てを請け負い、自分を卑下する事無く、自分の善良な部分、聖なる部分を信じて生きて行く、という感じ?

もうちょっと表現が足りない気もしますが、今のところ、そんな感じの気持ちになったのですよ。

周囲を見回して、周囲とバランスを取りながら生きてきた私が。

ある意味、奇跡です^^

そんな気持ちになったお陰で、次なるStepを引き寄せました。

自分の身を飾る事。

着物が好きだったので、お勤めに行く事がなくなってから、ず〜〜っと着物でいられる毎日が嬉しかったのですが、やるだけやると『そろそろ、洋服のおしゃれもしたいな』と、飽き性の私が思ったのです。

が、いざ洋服、と思うと、何を着ていいのかわからない?!しかも、お年頃もそろそろ妙齢で、大人風にしたいのだけど、何が自分に似合うかわからない!
ちづさんのカウンセリングシートに色々書き込むうちに、自分が洋服を選ぶ時に、身長から始まり、胸、腕、腹に劣等コンプレックスがあり、隠す、誤魔化す選び方をしていた事も自覚し。
あ〜〜、こんな風に洋服を捉えてたんじゃ、着こなすなんて、無理だわね^^;

5〜6年前まで、借金地獄に居て、自分の洋服はおろか、たまに誘われる、友人とのランチ代さえままならない日々を送っていたので、自分で洋服を買うって事がなかなかなくて。
我が家は下手な商売する元夫のおかげで借金地獄でしたが、幸い、私の勤め先の社長(女性)がおしゃれでグルメだったので、洋服やバッグはブランド物のおさがりをいただく、美味しいモノはご相伴にあずかる、と見事に生存の助けはあったんですけどね。与えられた物を活用はできても、自分で選ぶ力が備わらず。おまけに50代って、何を着たらいいの〜〜〜〜!!!!!?!?!みたいな?
とにかく、気が付けば、洋服難民になってた訳です。

一人っ子で与えられる人生、成人してOL時代は自分で選んでたけど、最初の結婚の十数年で、すっかり何も選べない、諦めるしかない、という状況に洗脳され、消極的な生き方しか身につかず。
ここ数年で、自分の内面と向き合う事をし、やっと自分の足で歩こう、としはじめました。
あ〜あ。自立するのに半世紀かかっちゃったよ。
半世紀も、なのか?寿命が延びた昨今、半世紀しか、なのか?
まぁ、やり直しはいつからでもできる。生きながら生まれ変われるのが人間だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分では、絶対選ばないタイプのものを、私の魅力タイプに合わせて、コーデして頂きました。

うふふ。

知らなかった自分に出会うのは面白いですね。

内観してブロック外して、知らない自分に出会うのも、自分の思い込みでは有り得ないファッションを選んで、知らない自分に出会うのも、おんなじだな、なんて思いました。

内側を整えつつ、外側も整える。

両面から責めていけば、生きたい自分に成れる日も短縮できるかと。

 

服部ちづさんとコーディネイト、自分の魅力を知る、というお話をしていると、結局、内面のお話に行き着いてしまい、その辺でも意気投合しました!
彼女も、去年までは消極的な気持ちでいたそうです。

思いっきり、自分にブレーキをかけていた。

でも、それなりのキッカケがあって、自分の魅力を最大限活かして生きて行こう!と気持ちが切り替わったそうです。その辺のお話でも『そうそう!そうなのよ〜〜!!!』と話が弾んで^^

また、お話ししたいな〜と思いました。

私の人生という花束に、ちづさんという新しいお花が加わった。

彼女には、当分、いろんな面でお世話になると思います。

うふ♡

 

自分を喜ばせてあげよう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。