ひとりぼっちのあなたへ。

コンシェルジュのミーです。
ついつい、自分はひとりぼっちだ、って思う事はありませんか?
私はあります。
よく、あります。

『私には何も無い!』

って、私が言ったら『そんな訳ないだろ!』と総ツッコミされそうですが。
でも、当の本人は、自分がひとりぼっちだと思ってしまうのです。
たくさんの人に囲まれて、キラキラしてる人が、羨ましい〜〜って。
囲まれてなくても、キラキラしてる人を見ると、そう思ってしまうんです。
この人の周りにはたくさん友達が居て、楽しそうで、充実してるんだろうなって。

そう。
充実してる人(のように見える人)が羨ましいのです。
リア充ってやつを満喫している人。
充実した人生を送っていると思われる人。

ちょっと前までは、羨ましい、私には何も無い、と思い込み始めると、もうドツボで。
どこの穴蔵に入ったんだろう?っていう位、真っ暗でどんよりした場所(心の場所ね)に居座って、出てこられない。
私はダメだ、私はダメだ、私はダメなのよ。
私は何の役にも立たない、私なんて居たってしょうがない。
そして、死んでしまおう、なんて考える訳。
死んでしまおうにも、死ねないし無くなれないから、もっと虚しいジレンマの中へ。

これ、ある意味、趣味であり、休息であり、クセ。
こんな事を考えても、悶々としても、何の救いも無い、とは知っているのにやめられない。
もしかしたら、こういう中に何か救いがあるんじゃないか?とこっそり思ってるのかもしれない。
こういう、落ち込みグセのある人は、案外、いるんじゃないかな?と思います。
いや、いっぱい、居てくれ!私だけじゃ、淋しいじゃないか〜〜!

こういう風になっちゃう人って、自分のアイデンティティがと〜っても低い。
自分をとっても低く見ているんではないかと思うのです。
実際、私がそうだから。
それは、自分に対して、いろんな思い込みや偏見があり、その原因は、過去の行動や体験がそうさせている、悪さをしている、と捉えられます。
だから、悶々としてるのは、実は自分の中では、原因探しをして解決しようとしているのかもしれません。
実際、私はそうでした。落ち込む反面、どこかで何とかここから出る方法を考えているつもりでした。
でも、それ、どうやら間違いだったみたいです。
何か思いつくのはいい、落ち込むのもいい、傷つくのもいい、だけどその先です。
悶々とするのは間違いです。
明確に否定します。
悶々とし始めたら、ドツボから出られなくなります。
まぁ、もっと他のショッキングな事が起これば”その悶々”はあっさり手放せるんですけどね。

悶々とし始めたら、すぐに止めて下さい。
『どうして悶々とするんだろう、私は。どうしてこうなんだろう?』なんて”なぜなぜ?“問答をするのは、即刻止めて下さい。
これはブロック外すとか、そういう問題ではありません。
悶々とする事に、何の意義も価値もありません。時間の無駄です。
悶々歴50年の私が断言します。それ無駄でしたから!

じゃ、悶々とするのをどうやってやめればいいか?
簡単です。
いや、悶々好きには、かなり難易度が高いんですけどね。

簡単な方法をお伝えします。
調子の良い時に、何かひとつ、自分が人に助けてもらった事、人に喜んでもらえた時の事を思い出しておいて下さい。
そして、それを心の宝箱に入れといて下さい。
決して、大切にしまわないように。
すぐに取り出せる場所にしまっておいて下さい。
何なら、付箋やしおりをつける位の勢いで。
なかなか調子の良い時は無いかもしれないですが、年に何回かはあるでしょ?
気分が上がってる事。
そういう時に、探しておいてください。

そして、悶々とし始めた時、自分に言ってやって下さい。
『ちょっと待ったぁ!その、自分は一人だとか自分はダメだとか、自分は何もできないというのは本当か?本当だって言うんなら、アンタの人生における、この事例はどう説明するんだい?!』

この事例とは?
もうおわかりですね。調子の良い時に思い出して宝箱にしまった事ですよ。

私はダメだ〜!と叫んでる自分に、自分が感謝された事や人に協力してもらった事を思い出させてあげるのです。
最初はね、そんな事は偶然だ!たまたまだ!と反論してくるとは思いますが、ここは根気よく。
1回でも良き事例があるのに、全然そんな事は無かった!というあなたは嘘つきですか?と。
頭悪いですか?と。実はそれ、単なる思い込みじゃないですか?と、投げかけて見てください。

簡単です!と言いましたが、悶々好きには、本当に難易度高いです。
禁煙やダイエット、甘い物を絶つのと同じくらい、習慣を変えるというのは何でも難しいです。
それでも“悶々”を習慣化できたのです。”悶々にツッコミ入れる”習慣もできるはずです。
2〜3回試して、自分の気分や体の調子を確かめてみて下さい。

悶々 VS 悶々にツッコミ

実験して、体感してみれば、どっちが自分の体に良さそうかわかると思います。
どっちが体が楽か?どっちが体に負担が無いか?

アイデンティティの低さ、自己肯定感の低さ、これは、過去のブロック、自分の過去の行動に対する否定感、自分は何かをされたから、自分は何かを言われたから、と、自分は愛されていない、人より劣っている、自分は認められていない、っていう”誤解”を掴んだままでいるから。

誤解じゃなーい!
と頑強に言い張る自分がいたら、とりあえず、誤解だったら?って仮定をしてみようか?と誘ってみて下さい。ちょっとだけ、今までとは反対の事考えてみない?って。

私は愛されていました。私は認められていました。私は劣っていませんでした。
これらの証拠、過去の思い出から拾ってきてみようか?多分、少ないと思うので、すぐに済むよって。これらの証拠が見つからなければ、愛されてない!ってあなたの主張の正しさが証明できるからって、誤解じゃ無い!と頑強に言い張る自分に交渉してみましょう。

知識で誤解だとわかっているのなら、ちゃんと自分の中から証拠を探してきて、あ、ホントだ。誤解だった・・・って体感してみて下さい。

そんな事言ったって、自分が愛されていた証拠なんて見つからない!というのであれば、一緒に探しますよ。
メッセでも頂ければ^^

こういう、文章を書くことも、私にとっては自己肯定感を強くする、というか、1つずつ積み上げるワークになっていると思います。
読んで下さる方がいる。コメント下さる方がいる。
あ!私、ちょっとは役にたったのね!って。
それでも、落ち込む事があると、キレイに忘れてドツボにはまっちゃいますけどね。
それでも最近は『いやいや、役に立ってる事もあったじゃん』と、5分〜10分で、とりあえず正気(?)に戻る事ができるようになりました。

筋肉と同じで、心も鍛えるのはコツコツと、です。
心を鍛えるプロテインがあれば、ガバガバ飲むのに!と、すぐにアイテムに走ろうとする所もご愛敬、という事で。

書き始めたら収集がつかなくなってしまいました。
今日はこのへんで。

軟弱者でも生きている

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. さりい より:

    ミーさんのブログを読むと、「そう、そう、わたしもいつもそうなってしまうんだー」と感じることばかりです。
    でも、今はそれでもいいんだ!とか、これからコツコツ、練習して変わっていけばいいんだ!と、いつも励ましてもらっています。

    ミーさんのブログ、わたしには、とってもとっても役に立っていますし、いつも力をいただいています!
    ありがとうございます(*´ω`*)

    1. 言霊師まさみち より:

      コメントありがとうございます^^承認遅くなってすみませんm(_ _)m
      共感して頂いてありがとうございます^^自分にダメ出しは習慣化してしまいますからね〜。ちょっとずつ、変えて行くしかないです。
      『変わってないんじゃ無いか?』と思っても、いや、着実に変わっている!!と思い直しながら、自分にエールを送りながら頑張るしかないですね。
      そして、安心して下さい!結構、この仲間、多いから。さりいさんだけじゃないから。
      こうやってコメント頂くと、私だけじゃ無いんだなぁって、実感できて、私も嬉しいです^^
      自分の悪習慣に気づいた時から、改善は始まっているはず。
      頑張りましょ〜〜\(^O^)/

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。