言霊と音霊

河島亜奈睦のコンサートが無事終わりました!

 

言霊が音を変えることを見事体現していただきました!

いい仕上がりになりましたです!

いや〜、良かった!

 

響く歌声を届ける為に、心の隅々まで明らかにしていく作業の繰り返し。

歌うほどに変化が現れ、新たな心の闇が見えてくる。

それを嫌がる事もなく、一つひとつ開いていく河島亜奈睦の歌への姿勢には圧倒されるばかり。

民謡と言っていいのか、童謡と言っていいのか、謎の「かごめ」の歌。

痺れた!

いい音を奏でました。

 

「風が吹いた」

 

という感想をくださった方もいらして、あなたにしか感じられない「何か」が起きたのではないかと思います。

 

こう見えて、私も「作詞」などでお手伝いしており、私の作詞した歌も披露していただきました。

言葉の世界から音楽の世界へと踏み出しました。

 

ラジオの出演にもサポートさせていただくなどして、その場その場で心を整えないとあの歌声をキープ出来ない難しさを痛感しましたですよ。

 

現場というものは、体感してみると一人ではやっていられない「圧」がありますよね。それを少しでも軽減出来たなら、嬉しい限りです。

 

専門学校の生徒たちともご縁をいただき、可愛くて仕方がない感覚がたまらんですな。なんでも教えたいって気分になっちゃうよ。

 

その生徒が撮影した写真を拝借して、披露させてね。

 

このイキイキさ、わかるかな〜。

 

他の写真もとびっかりのばかり。

 

やったー\(^o^)/って感じ。

緊張したまま、「いい写真撮ろう」なんて心で撮らず、「見ていたい」って心で撮ってくれたんだよ。これがいい写真に繋がるんだよね。

 

感謝感謝よ。

 

 

また、コンサート来てね。

 

 

心が震える歌がある。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。