彼氏彼女の事情 その5

相手そのものになって感じてみる。考えてみる。
そんな実践が出来るようになるといいけど、それが出来ないから喧嘩するんだよね。

些細なことが気になったり、許せなかったりする訳よ。

どうしてこんなに心が狭いのか? ってなくらいに。

喧嘩したら、向こうが謝るまで許してあげないとかさ。

許してあげたいのに、許し方、仲直りの仕方がわからないとかさ。

頭下げるくらいなら、別れてしまう方がいいとか、健全だとか、他に男(女)は幾らでもいる発想だとか、「この人しかいない」と思っていたとしても、会えば喧嘩や最後は仲悪くなっていくとか。

会うときはニコニコ、別れるときはプンプンなんてない?

もううんざりってね。

 

客観的になる。相手自身になる。相手が極悪人だと想定するとどうかな?

ってことやりました。

「言うことの裏を読んでみる」

ってことをやってみたらいい。
推理みたいに楽しみながらね。

 

彼氏に「会いたくない」なんて、口走るときってない?

まぁ、言わずにいても、思うときとかってさ。

こういう思いが浮かぶときって、気が重いんだよね。

んで、実際会いたくないわけ。

意気地の無い人なら、LINEとかメッセンジャーのやり取りで、ウキッ! としてしまっている自分もいて、押し切られる形で会ったりするんだけど、悶々としちゃうんだよ。そして案の定、喧嘩モードへ〜って。

なんない?

なるよね?

ウザイってわかっていてもやめられない不思議。

 

 

でもさ、「会いたくない」とか思うとか、呟くとかしたら、その裏側の心って見てみたりしない?

なんで、彼氏とかに会いたくないなんて思うの? つて。

彼女に対してなら、「忘れてたわ」とか思うときね。連絡来て「ハッ」とするとか。「やべ、忙しさにかまけて連絡してなかった」とかとか。

なんで、彼女のこと忘れてしまうなんて起きるの? って。

 

「会いたくない」

   ↓ どうしてそんな風に思ったの?

「優しくされないから」

   ↓ なんでそんなことになったの?

「嫌われたくなくて、全部OKしてきたから」

   ↓ そうまでしないといけない理由は?

「傷つけたくないから」

   ↓ どこからそんなように思ったの?

「悲しくなりたくない」悲しい体験を思い出す。

   ↓ いつまで引きずるの?

「もうやめる」

とまぁ、こんな具合に、悲しい体験を引きずっているから、「会いたくない」というまた悲しくなる体験を繰り返そうとする心理が裏側で働いている訳ね。自分の負の感情の出所を探り当てて、その発生源を断ち切らないとね。これをやらないから、ミスコミュニケーションを繰り返すなんてことなるの。

 

おお、やっと本題っぽい。

 

「忘れていた」

   ↓ なんで?

「面倒くさい」

   ↓ どうして?

「細かいことチクチク言ってくるから」

   ↓ 気になる理由は?

「責められている」

   ↓ そうなる原因は?

「要らないと思われたくない」

   ↓ なにがあったの?

「何も出来ない奴と責められた」

   ↓ それを大事に抱えている理由は?

「考えたことなかった。もうその出来事とおさらばする」

 

とまぁ、言葉の裏読みが、うまく行くかどうかはわかんないけどね。

なんでもやらんと。

はじめもせずに、身につくこともないからね。

やってみー。

 

うまくやってね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。