やっぱり辞めとこう と囁くのは誰だ?

功労者、立役者、安心者の「心がけ一つで人に優しく出来る講座」を岐阜県土岐市で開いてきました。

これまでのガッツリ真因となる根源の勘違いを正す講座スタイルから、「これからどうしていけばいいのかがわかる」ってスタイルに変わり、「ああ、そういうことか!」と合点が行き、その上でこんな時は、こうしよう! という知恵が授かる内容に変わりました。

毎度、お届けする内容が広く深くわかりやすくなって行っております!!

ん? それでもブログは分りにくい?

すんません。

まぁね。みんなの共通言語で話さないとね。

 

そんなんで、今回は「やっぱり辞めとこう」とか囁くのは、神の声か、悪魔の声かって話しね。

自分の声だろう?

ってのがオチだけど、まぁまぁ、精神鑑定には「頭の中で誰かの声がする」なんてチェック項目があったりして、わたしも関西弁使うおっさんの声とか、おばはんの声とか、お姉さんの声とか聴いたことあるからね、幻聴とかの感覚はそれなりに知っていたりはする。

しゃべると会話出来たりするから、面白かったりするのね。

そんなことない?

自分で自己ツッコミして笑う系とか。

 

そんなんで、脳内お喋りは際限なく続くけど、何か新たなことをはじめようとすると「辞めよう」って囁く奴がいるんだよね。これに縛られない人は、目的に向かって動いていけるけど従う人は「危険回避出来た」とか、「どうせ私には必要ないものよ」とか自分に言い聞かせて、取り組まないようにしていくのね。

 

危険回避能力は大事だけど、幸福回避能力に使うと勿体ないからね。

幸せにならないように「辞めとこうよ」と囁きに従う人とかね。

うまく行かない方に「やろうよ」と囁き、うまく行く方に「辞めようよ」と囁くことがあることぐらい知っておこうね。物事は捉え方一つって聴いたこと無い?

今の時代、どこ見ても「いいもの」をアナウンスしてくれている。
そうそうヤバイものを掴まされることは少ない。

まぁ、スパムメールとかにホイホイ乗る人ならそりゃヤバイものかも知れないけどね。

 

問題は、セミナーにしても何にしても「受けて身につく」か「受けて身につかないか」の違いがどこにあるかって知らないとね。

色々とノウハウなんてものは、このご時世無料で転がっていたりする。
場合によっては、そんなノウハウを拾い集めるだけで、仕事が出来るようなくらい教えてくれていたりする。
でも、そんなチマチマネットや著書から情報集めるより、先生からダイレクトに教わる方が早くて簡単便利で安心! とか思うと、そういう謳い文句に釣られて行く。

人は感情の生き物だから、感情を喜ばす文言が並べば「よく見える」からね。
それを見極めるのは中々大変かも知れない。

 

なんせ、「本物? 偽物?」と真贋を見極めようとすればするほど、自分の価値基準を固定化させて見てしまうから、「変化」を起こせなくなるからね。

 

どういうことって?

 

聞こえの良い話し=役に立つ=自分に使える

 

とは限らないってこと。

 

身につく、身につかないはさ。受ける前から決まっているとしたらどう思う?

成功する奴は成功するし、失敗する奴は失敗するってもの。

 

よく成功マインドなんて教えてくれるけど、出来ていたら苦労はしないってことよ。

幾ら、ノウハウを教わっても、素直にそれが出来る心って、実は限られた人だけって知っている?

その限られた人が成功して、その成功者たちに対して「この人のように素直にやれば出来るんだよ」とか言うんだぜ?

元々の精神的土台が周りと違うのに、同列に扱って、「この人のように」とか言うの。

その土台の違いは説明しないの。

出来ないの。

 

潜在意識や深層心理なんて言語化できる人なんていやしないよ。

だから、大体のニュアンスで伝えるけど、先生の前ではそれなりに出来ても、一人でやってみてもうまく行かない。うまく行かなくなると、責められている気がしてきて、味方が味方に思えなくなって、脱落して辞めていく。そして声もかけてくれなくなるから「見捨てられたんだ」と泣き寝入りする。

そして、騙されたことにして、次のセミナーに渡り歩く。

 

そして身につかない。

 

難しいね。

 

そんな心持ってない?

 

身につけたいけど、身につかない。

習ったけど、使っていない。

何でうまく行かないんだろう? とかさ。

 

知りたいなら、知りたいなりの行動に出たらいいよ。

 

どうやったら踏み出せるのかね?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。