重度のアスペルガー症候群の謎が解けた

岐阜での講座&セッションです。

昨日は親子講座にアスペルガー症候群講座でありました。

初参加の親子(40代、70代)が来られまして、そりゃあもう、従事その方々のアスペルガー話に偏りました。

 

わたしもはじめて、重度の方と話をすることが出来、謎が解けましたわ。

重度の方というのは、常時アスペルとしての特徴である、空間にある想念体に意識が縛られ、健常者的な気を楽にした状態に戻ることがないことを指します。軽度の方は戻ります。一時的なので、その特殊な環境下から抜けたり、気を反らせたり出来れば元もに取ります。

この重度の方は、気を逸らすと別のアスペに引っかかり、また気を逸らすと別のアスペに引っかかり、ぐるぐると5つのアスペルをたらい回しにして、元に戻るので、四六時中アスペル反応の中にいなければなりません。

これはしんどいです。

わたしの計測では47/50というビックリするような重度さを示してくださいました。

この常時引っかかるアスペル反応の全てを紐解くと、前世などで、人生を完全に捨てて身を明け渡している心があったのです。アスペルガー反応の全てを読み解くと、その根底はやはり本人の問題が隠れています。

その根底に隠された問題を紐解くと、アスペルガー反応は治ります。

わたしも発達障害の話しをし始めて、自身が8/50という軽度のアスペルガー反応を持っていることを知り、謎を解明して、今は0/50と完治しています。治せます!

とはいえ、結構特殊な心の領域なので、阿頼耶識レベルまで意識の読み解きが出来るくらいの精神性は養わないと、紐解けないですけどね。

いやー、治せる!

出来る! 出来た! って体験が出来ました。

 

 

70代のお母さまが、育児の大変さとか、これまでの経験から得た聡明なる判断力には脱帽しました。

スピとか占いとか話し合わないと聴いていましたが、無茶苦茶賢いだけです。

スピの甘さ、占いのいい加減な部分を論破する知性を持っておられる方でした。

途中から、わたしの話に「その通り!」とビシッと賛同する声を出していただき、すごく嬉しかったです。

老練な方のご助力ある声かけに、気持ちが高まりました。

良い経験させていただきましたわ。

 

最後に娘さんが自身の言葉で「甘かったわ」と自分自身を俯瞰して省みる言葉を発せられて、周りもビックリ。

重度のアスペルガー症候群は思考を停止させてしまうこともよくわかりました。

その闇から抜け出すと、健全な解釈が復活してきます。

それが大事なんですよね。

本人自身が変化に気づき、自分の価値感の歪みを正すことが出来たら、大きな変容に繋がるということ。

 

重度のアスペルガーの皆さま!

治りますからね!

 

この娘さんは47/50→21/50になって帰られました。

これ、0/50にまで出来ます。

0にするには、相当数の時間を要しますが、11/50以下ぐらいなれば、結構、自分を取り戻せるので生活に支障はなくなると思います。

何気ない無意識の反応はアスペルかも知れないのでね。

 

気になる方は、コメント欄にでも書いてみてください。

答えますよ。

身も心も捨ててしまうと乗っ取られることがあると知っててね。


SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 小原綾子 より:

    いつもヒントをありがとうございます家族中でアスペや発達障がいなのですが、パートナーが仕事などで追い込まれて悩むと逃避行します。(リスカなどもあり)悩まなくても数日帰ってこない時が増えています。連絡も取れない事が多くて…これもアスペに引っかかっているという事もありますか?
    わかりましたらお願い致します。

    1. 噺家まさみち より:

      >小原綾子さま、はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      綾子さまご自身2/50のアスペルガーの反応症状があります。
      パートナーさまも5/50のアスペルガーの反応症状があります。

      リスカはアスペではなく、父親のカルマの影響下で発動しているものです。
      この父親のアスペが11/50で、1つ常態化しているアスペ反応が見受けられます。この父親からの反射反応がパートナーに多大な負荷がかかっていると見て良いです。
      数日帰ってこないのはアスペ反応です。連絡にも出られないのも別のアスペです。

      パートナーさまご自身のカルマなどの因縁の問題も多大にあるので、アスペと混同されがちですが、周りの認識、理解を高めることでも改善していくことは可能です。
      徹底するのが良いのは、パートナーさまに「何も言わないこと」です。声をかけるだけで発動するアスペがありますので、向こうから話しかけてくるようなスタイルを徹底されるのが良いかと思います。

  2. 阿瀬井汐美 より:

    先程、まさにアスペルガー反応をしてしまいました。
    いつもなら笑って返せるノリに、たまらなくイライラが襲ってきてどうしようもなくなり、言ってきた相手に怒りがこみ上げて色んな疑問や不満が浮かんで頭を支配されました。
    その相手である姉はスッと連絡を切ってくれたので、
    その後冷静な頭で考える事が出来、後悔と「あの時の私は何なんだ?」と思う位に気持ちが支配される感覚が不思議で、そしてコレをこのままにしては行けない気がして再度連絡を取りました。その後アスペの反応について教えてもらい、今このブログを読ませて頂いています。時々、このようにどうしようもなく怒りの感覚が止められない状態に陥るのですが、私のアスペルガー数値はいくらなのでしょうか?

    1. 噺家まさみち より:

      お久しぶりです。
      汐美さま。

      アスペルガー反応は、12/50です。
      上記のイライラが襲う場合などの発動キーは「わかっていたことが食い違っていた」と感じた瞬間に、突如として意識が持って行かれて自分ではないような解釈に包まれてしまいます。
      避けようがないので、入ったら、気を逸らすことに努めるのが一番かと。

      姉の実験台になって、アスペル反応を解除してもらうようにしてみるといいですよ。
      まぁ、「見境なく目に入るもの全てを灰燼にしてしまいたい!」「燃えろ! 燃えている! あははははは」
      と笑えば正気に戻れるので、今度イライラに陥ったら、漫画チックに中二病全開にがはははは、と笑って見て欲しい。
      呪文のように正気に帰れるだろうから。
      やってみてね。
      使いすぎると、効力失うから、その後は課金でどうぞwww。

      1. 阿瀬井汐美 より:

        お久しぶりです。
        数値、どのような時になって、どう対処するか、詳しく教えて頂き、ありがとうございます!

        今牧さんのお返事をみて姉と二人で爆笑しました笑
        私はどうしてこんな二次元な感じなんだ…笑
        教えて頂いたように、厨二全開でやってみようと思います。私にはこれがあるぜくらいの心持ちで過ごします。ありがとうございました!

        1. 噺家まさみち より:

          二次元に関わる人たちは、みんなこんなんじゃないの?
          って、アスペに関しても、その世界特有の何かってのがあるのかと、読み取らせて貰った感想です。

          アスペは振り切ろうとするのではなく、その中に流れる思いそのものを受け入れてしまえば切り取るって感じで、なくなってしまって抜け出すことが可能かと思います。
          効力がなくなったら、もっと深味の言葉を探って、見つけられれば、また切り取って行かれるのではないかと思います。

          また、ゆっくり話したいものですな。

  3. なかたみほこ より:

    いつもブログ読ませてもらっています。
    長男、長女、次男
    それぞれ発達障害の診断を受けてます(グレーを含め)
    ブログを読みすすめるうちに、ようやく(←遅い(^^;)自分もそうではないかということを認識し始めたところです。

    今回の内容・・・とても他人事とは思えませんでした。

    1. 噺家まさみち より:

      みほこさま。
      長男、5/50
      長女、2/50
      次男、1/50
      ご自身、8/50
      ご主人は1/50と極めて軽微ですが、家族揃うとアスペ反応に陥るので、ある意味常態化です。
      その煽りを受けて、みほこさまも結構しんどい状態に追いやられていることを自覚なさるといいかも知れません。

      子供たちは、アスペルというよりは、周りの抑圧された我慢する心の解放者として立ち振る舞うため、損な役回りを一手に引き受けているような純粋な子たちです。
      お母さまとしては、こどもたちの言うことを、一切否定せずに長男には「それから?」と促して、言い尽くすまで聴きだしてあげること。お母さんの意見をどうしても聴きたいと言ってくるまで、何も言わなくてもいいです。自分で考えられます。大事なのはどんな気持ちや価値感も否定しないことに尽きます。
      長女は、「わかるよ」と同意、共感を示し続けてください。聴き終えた後、聞き役に徹し、同意役に徹した母の姿をどう思う? って確かめたらいい。好意的解釈しているなら、友人たちとも、同じように振る舞ってあげたら、どう? って促してみてください。それで落ち着きます。
      次男は、「怒らないよ、どうされるのが怖い? 何があっても嫌うことないし、味方だし、悪い子だと見ていないから、安心して好きなことも酷い目に遭っていたことも、とても口に出したくないことを言っても、嫌だと母さん思わないから、何でも話してね」と断っておくこと。この子に味方が一人もいないことに気づいてあげてくださいね。母親が味方になってあげられないと、かなり大変な生き方を強いられます。ストレスや我慢の捌け口として、母親が全てを背負い込む覚悟でいてくださいませ。

      この母親の姿勢が変わるだけで、アスペと思われるような異常行動は軽減するかと思います。
      しないなら、また相談してください。
      こどもたちの意見、気持ち、何一つ塞がないでください。
      家庭は学習させるよりも、気持ちを受け止めて安心できる場所の方がいいです。
      聴いてきたら答える。
      どうしても言いたいなら、アドバイスしていい? と確認を取ってください。
      相手を子供扱いをしないこと。大人として扱えば、自然と大人の振る舞いに切り替わります。
      この子たちはとても優秀です。
      見たように育ちます。
      優しい子たちと見てあげてください。
      それだけで、親が何か特別なことをしなければならないことはないとわかるようになると思います。

      このアドバイスがうまく効力を発揮するといいですね。

      1. なかたみほこ より:

        あー(T_T)
        チビへの対応
        このところ、何をどうしたらいいのか手探りでした。
        詳しく教えてくださり、本当にありがとうございます。

        意識してやってみます。

        1. 噺家まさみち より:

          感じ入るものがあればなによりです。
          また、経過報告など聴かせていただけると嬉しいです。
          母が出来ることなど、あんまりなかったりするのでね。
          頑張らないように、頑張ってください。

  4. 田畑亜希子 より:

    いつもお世話になってます。

    頭の中のおしゃべりが止まず、1人になるとブツブツひとり言を言っている時間が結構あります。
    あと、時々大声で叫びたくなったり、ガラス製品などを投げて割ってしまいたい衝動にかられるのですが、このような事もアスペルガー反応なのでしょうか?
    単なる自分の中の苛立ちなのか?何が発動しているのか?というのがわからないので質問させてもらいました。

    1. 噺家まさみち より:

      コメントありがとう。
      12/50ですよ。

      大声で叫びたい、投げて割ってしまいたい衝動はアスペルガー反応そのものと解釈して構いません。
      あなたの気持ちじゃないです。
      拾い上げる根本原因はもちろん自身ですけどね。
      識別は困難ですが、自分のものでは無いと決めつけてしまうこと。
      他ごとをはじめること。
      気を逸らすことを徹底してみてください。
      留まってはなりません。
      状況、環境、関係性、変えてください。

      1. 田畑亜希子 より:

        まきさん、ありがとうございます。

        子供の頃は衝動を抑えられない時が時々あって、通知表の先生のコメント欄に「気分にムラがあり、時々大声をあげるのでびっくりします」と書かれてしまうような状態でした。
        それでも勉強にはそれなりについていけていたり、ウロウロ動き回ったりする事がなかったり、自分より数値が高そうな子が暴れていたりと色々な事が重なって、私は特に問題児とされる事なく大人になることができていました。
        それでも頻繁に湧き上がるこの衝動は一体なんだ?
        また子供の頃のように人前で大声をあげる状態に戻るのではないかと戦々恐々としていたのですが、対処法を教えていただいて恐れが薄らいでいます。
        とにかく気を逸らすことを徹底してみます。

        1. 噺家まさみち より:

          総合的な問題でもあるので、クラスにより悪化している子がいると冷静でいられたりもするからね。
          「同じこと」させられる感じになるとアスペは今も発動するので、横を見ないことだよね。
          自分オリジナルで進まれてください。

  5. まい より:

    まきさんのブログを読んで、自分の対人関係の生きにくさは、アスペが原因のひとつかもしれないと確信するようになりました。私や長男、次男は、アスペ入ってると思います。旦那さんは落ち着きがないので多動だと思います。
    日本人って、アスペ入ってる人多いんじゃないかなと思いました。

    こういったことを紐解かれるまきさん、本当にスゲー!の一言です(笑)

    私は一見人当たりもよく、明るく優しいイメージに思われるのですが、
    なんて自分は生きにくい性格なんだろうと思って生きてきました。
    常時というわけではないのですが、他人に入り込んでしまって、自分を見失ったり、

    相手の気持ちばかり考えてしまったり、自分をおざなりにすることで人間関係を築こうとする癖がありました。
    まきさんがどなたかの質問に答えられていた言葉の中で「他者との間(ま)を意識しながら関わっていったら楽になる」
    というようなことをおっしゃっていて、
    それをさっそく今日取り入れてみたら、私にも合っていたのかかなり楽になりました。
    確かにアスペが発動してるときって、間がなくなってますね。
    すごい発見を得た気持ちです。

    ありがとうございました。

    1. 噺家まさみち より:

      まいさん、こんにちは。

      4/50という状態です。
      発動キーが「一人でやりなさい」ですから、自分が思っても、他人から言われる、思いつかれる(ここがミソ)事でも、自動的にアスペモードに入り込むので、わかるようになれば、「これはいつもの自分じゃないな」と観察して、間を取るようにして、気持ちの切り替えで抜け出す道を探ってくださいませ。

      長男、5/50
      次男、8/50
      旦那、2/50

      家族で気を使い遭うなら、「追求しないこと」をすると良いと思います。
      アスペは、気を逸らすのが最善です。
      軽度の方は、論理的解釈が先に立って、男性なら尚のこと原因追及に向かいがちですから、それをせずに、他ごとしていいと許されるだけで、雰囲気は和らぐはずです。
      どうぞ、お試しあれ。

      1. まい より:

        まきさん、返信ありがとうございました。
        自分の解釈にまだまだ自信のない部分もあるのですが、文面が感覚としてビシッとハマる感じがあります。
        一人でやりたくない。できないと思っているから、そこにぶつかったり、指摘されたり、思われたりすることでギャーっと発動するという感じでしょうか。
        結婚する前に、実家で家族総出でギャーって喧嘩ばかりしていたのも、今となってはアスペの反応の仕合いだったのかもなあ。
        自分の意識ではなく、他の意識によって動いてるってこともあるだなんて。
        それこそ、なんでこんなことするのと追求しても無意味な話ですよね。
        楽になる道を探っていきたいと思います。ありがとう。

        1. 噺家まさみち より:

          はい、ギャーッと発動するのは全部アスペと見ていいです。
          家族総出のギャーッも総出でアスペ仕合う状態ですな。

          みんなしたくてしている訳じゃないので、そんなトラブルを引きずることなく、からっと忘れて仲良くしていくのがいいです。

  6. いちはらさおり より:

    初めてコメントいたします。

    お弟子さんのかおりさんに、たまに相談などして頂いてます。
    かおりさんのブログ記事経由で訪問いたしました。

    メンタルの調子を崩した際の心理検査で「アスペではない」と言われましたが、
    ずっと気になっていますので、思い切って書き込みさせていただきます。

    最近ですと、かおりさんに対して感情が抑えきれず、荒れて迷惑をかけて後から
    自己嫌悪に陥ったり、それ以外でも怒りやイライラに襲われることがあります。

    両親、妹もひょっとしてと思う行動が多々あります。

    近日中に、かおりさんのセッションを受けますので、その前に何故かわからず迷惑行動
    をかけてしまう要因の原因の中にアスペが関係あるのかどうかを知りたいです。

    よろしくおねがいします

    1. 噺家まさみち より:

      いちはらさおりさま、こんにちは。
      書き込み、待っていましたよ。
      ありがとうございます。

      8/50と、内内の仲のいい人のみに発動するものなので、心許しているかおり相手には全てのアスペが一度に発動する厄介さを抱えています。
      計測しても、18個のアスペが同時に重なり合うので、感情が抑えきれないのは至極当然のことだと思っておいた方がいいかと。

      そして、かおり相手であるなら、一度、前もって一言「今から感情を全解放するので、全部受け止めてください」と断って、「いいよ」ってあいつなら言うからガンガンに全部ぶちまけて見たら良いです。それがあなたのアスペを軽減化する最短で、最良な方法です。
      私がカウンセリングしても、同じアスペモードに突入するので、同じことをさせます。
      出し切った後は、かおりの指示に従えばいいかと。

      医者など、アスペと診断されるには、アンケートもですが、その相手の情報ベースにあるアスペル反応をしないといけないので、それがないと診断されません。
      局所的に出て来るアスペはしんどいです。理解されませんしね。

      両親、父1/50、母2/50、妹8/50。
      というように、アスペはどこにでもいます。

      理性的に追求しようとか、抑えようとかではなく、回避策として、気を逸らす、話しを転換するなど他人行儀的な方法がさおりさまには向いている対処法かと思います。
      気持ちを引いて、感情爆発はかおりだけにして、その相手の反応を見て、どう自分の解釈が変わるか見てみてください。

      1. いちはらさおり より:

        丁寧な解説ありがとうございます。
        内内に、というのは身内など近い人ほど「わがまま」と取られる行動が
        出ますので腑に落ちました。
        しかも18個も発動しているのですね…。

        かおりさんに感情をぶちまける、というと冷静な時は気がひけますが、
        結果何故かそうなってしまいますので一言感情爆発について言ってから
        セッション等受ける様に心がけます。

        家族で一番アスぺ的言動、行動が多い父が一番数値が低いことには驚きました。

        1. 噺家まさみち より:

          父親が一番低いのは、愛する心というのは、人の痛みを全部モロかぶりしてくれる存在なので、親は子の姿そのものを反映してしまうことがあるのね。
          だから、父が酷いって、見えても自分たちの心の内側が外に現われるとあんな状態だって解釈すると、自分の心を整えることに邁進しないといけないってことが見えてくるかと思います。
          特に父との確執のカルマがいくつか見受けられるので、その辺りも父のおかしな言動がその辺りに起因するのであって、アスペではないと思われます。
          特に外しておかないとヤバイカルマは「父を殺したことがある」ってキーワードで引っかかるカルマを総精算なさると良いかと。
          かおりが頑張れば全部外せます。
          阿頼耶識領域が2つ。阿摩羅識領域が1つ。計3つは整えておいた方がいいです。
          現象界に強く影響出てます。

          1. いちはらさおり より:

            読んでいて背筋が寒くなりました
            何とかしなくてはですね。

            解説ありがとうございました

          2. いちはらさおり より:

            今日かおりさんに、父について内観誘導して頂きました。
            だいぶ助けてもらいながらでしたが何か1歩前進できたかな?
            という感覚を持ちました。

            18個もアスペがありますので、まだまだこれからですが
            1個づつ助けて頂きながら外していければと思います。

          3. 噺家まさみち より:

            うん、良かったですね。
            一つずつです。
            誰もあなたを傷つけようとはしていないとは、中々思うないものですけど、事実そうなのだとしたら、自分の内面から湧き上がる感覚は「嘘」か「本当」か、一体誰が識別してくれるのでしょうかね。
            物事は、「見たいようにしか見られてない」とするなら、都合のいいように敵を作り出して、本当は愛してくれているのに、愛してくれないように誤解させる「何かしらのメカニズム」に翻弄されているとしたら、その「何かしら」に騙され続けているような生き方をしていていいのか? と自身に問いかけてみることは、いつも大事です。

            身内を疑う心は美しいのか、美しくないのか。

            自分自身の苛立ちや不快感を警戒したり、否定する思いは、自身に対して優しいのかどうか。
            それを考えてみるところからはじめて見ると、かおりの言っていることももっと理解が深まりやすくなるでしょう。

            静かにしてみることです。

            自分がなにを考えているのか、よくわかるようになります。

            さおりは何を求めているの? と聴いてあげて、全部聴きだしてみてください。

          4. いちはらさおり より:

            自分自身の心の声を聴くことにまだまだ摩擦というか
            抵抗を感じますね。
            これも意識してやっていきたいと思います。

            盛りだくさんに助言してもらえて素直にうれしいです。

            ありがとうございました

  7. 渡邉佐知子 より:

    いつもお世話になっております。
    先日まだ18個残っていると言われた者です。
    わたし、主人、母のアスペルガーの数値を知りたく思います。
    なんだか、全員高そうな気がするのですが…。
    特に、主人は突然、火がついたように怒り出すことがあるので
    私もですが…。
    どう接すれば、お互い平穏に暮らせるのか…悩ましいところです。
    よろしくお願いいたします。
    m(__)m

    1. 噺家まさみち より:

      佐知子さま、こんにちは。

      佐知子さま、12/50
      主人、8/50
      母、8/50

      主人の怒りはアスペル発動ですね。
      発動キーは「別れる気配」を感じ取ると怒り出すものだと思っていてください。
      納める方法は、「わからないことだらけだから、全部聴くから、最後まで話してね」と声をかけることです。
      言い尽くしたことはないか? としつこく聴き出そうとする姿勢で温和に戻るかと思います。

      自分でなくなる感覚はアスペならよくわかると思います。端から見ると、別れてあげた方がこの人の為になるんじゃないのか? そんな気さえさせられるものですが、そっちじゃないってことです。それこそ、アスペの罠みたいなもので、面倒なことしか起しません。そしてそれに従い別れると、現象が収まるから、別れて良かったとなりますが、何も解決していないとは思いにくい欠点はそのままです。

      これを機に、道があるとするなら、やり方を変え続ける方法を探していきましょう。

      1. 渡邉佐知子 より:

        マキ様
        数値および主人への対処法を教えて頂き、ありがとうございます!
        主人のこと、すっごく納得がいきました。
        事が起こる前にも、“聴く姿勢”を普段からとるようにしたいと思います。
        m(__)m

        意外だったのは、母の数値が低いことです。
        母>私>主人の順だと思っていました。
        私が一番高かったのですね^^;

        まずは、日常生活に支障のない11/50
        その後は 5~8/50へ そして 3/50ぐらいには数値を落としたいと思いました。
        0になったら、楽だろうなぁ~(憧れ)

        アスペルガーの講座やセッション以外でも(例えば性格別者や ことばのちから など…)
        アスペのブロックを外すことができたり、数値を低くすることはできるのでしょうか?
        教えていただけたらと思います。

        あと、関係ないのですが、昨夜マキ様が夢の中に出てきました。(初出演)
         「アスペを治すより、将来○○○という名前で(×××)になるようになってるよ」
         と、わたしの望みどおりの将来像を語ってくれているという…(≧∇≦)
         良い夢を見させていただきました。
         叶うように行動していきたいと思います。

        今回も、ほんとうにありがとうございました。
        心より感謝申し上げます。

        1. 噺家まさみち より:

          アスペのブロックが○○者講座で外れる事例もあるので、うまく合えば外れます。

          母が高く見えるのは、アスペ反応で放出された想念をモロかぶりして、その痛みを跳ね返す状態として見えるので、一番酷く見えるのです。
          あれが我が心の内側と見るなら、自分の心のヤバさがわかるかと思います。

          1. 渡邉佐知子 より:

            お返事ありがとうございます。
             
            >あれが我が心の内側と見るなら、自分の心のヤバさがわかるかと思います。
             
            はい。(震え声)
             
            今、自分にできることとして、こちらのブログの発達障害に関するページを何回か繰り返し読んでみようと思いました。
            【目標】10回読んだところで、 わたしの数値(現在12/50)と発動キー(現在18個)
            を再度 教えていただきたく お願い申し上げます。m(__)m

  8. あいどうみほ より:

    はじめまして。読ませていただきました。
    2人姉妹の母親なのですが、長女との関係(接し方)に悩んでいまして、もしかしたらアスペルガーなのかも?と。
    言っている事が伝わらなかったり、何で今それをするのかという事をしたり。
    言い合いになると私もイライラが抑えられず手が出る事もあります。
    私もアスペルガーなのでしょうか?
    数値教えていただけるとありがたいです。

    1. 噺家まさみち より:

      あいどうみほさま、こんにちは。

      みほさま、5/50
      長女、12/50
      次女、8/50

      提示された内容の全てアスペルガー反応の何かに囚われている状態です。
      アスペルを発動すると、相対的に母親のあなたもその不愉快な気持ちの中に巻き込まれて、正気を失います。
      そして、それを観察していることがわかっていながら、改善できない自分に気づくと、母親のアスペルが発動して、二重に縛り合う関係となって、ヒートアップしていきます。
      アスペ同士と反応過剰が起きると、常軌を逸っしそうな気持ちに入るので、それが怖くて収拾していく感じですかね。

      一番単純な解決方法は、「許されるなら、なにしたい?」と自分に問いかけること、娘たちには「何して欲しい?」と問いかけること。
      約束事として事前に「漫画読みたい」とか「おんぶしてほしい」とか「歌を歌って欲しい」とか「悪い子じゃないよ、良い子だよと、言って欲しい」とか用意しておいて、それを指さして実行するルールにしておくなどすると良いかもしれませんね。

      気持ちを逸らして良いので、問題を後回しにしても、先送りにしても、今の衝突の方が余程危機だとわかれば、それをかわせることの方が有意義だと学べたらいいですね。

      1. あいどうみほ より:

        ありがとうございます。
        正気を失う!まさにそんな感じです。
        そうなってしまう自分が凄く嫌でしかたなかったのですが、なぜなのか理由が分かり凄くスッキリしました。
        教えていただいた事試してみたいと思います。
        ついでで申し訳ないのですが、主人の数値も教えていただけないでしょうか。

        1. 噺家まさみち より:

          ご主人さまのは、2/50です。
          内内にしか発動しないので、あなたの前でしか見せない束縛感があるかと思います。
          対処法は、「束縛してもいいし、束縛しなくてもいいけど、するならがんじがらめで、しないなら、徹底的放置で〜、でも全部同時にして欲しい」と強く念じてあげてください。
          言葉はいりません。本人にぶつける勢いで、想念を放出してあげてください。
          一番効果的なのは、みほさま自身が、お色気ムンムン状態モードに入って腰くねくねする雰囲気をかもし出せるとOKです。
          正気に戻って、変な空気がなくなるかと。とはいえ成功率は5割くらいと出て来るので、物は試しでどうぞ。

  9. あいどうみほ より:

    対処法まで教えて頂き有難うございます。
    読みながらちょっと吹きだしてしまいましたが、お色気モードも試してみます。(´∀`)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。