気調者講座においで

レベル9になると、前回解説していた気調者の内容と随分と変わってしまう。

気調者は、視座7のモノの捉え方をしている心の使い方。

 

視座とは、単純に「心遣い」の在り方のパターンの数とでも思ってくれたらいい。

視座6,無空者「私は、こう考える(ドきっぱり)」
視座7,気調者「私も、そうだと思う(けど、こうも考えているけど、それは言わなくていいか」
視座8,善悪者「私は、こう見ている(だけど、こんな考えは受け入れられないから、これでいい」
視座9,功労者「私は、こう聴いている(そうとしか考えられんし、思えんし、見えないから、これで間違いない」

という解釈の違いがある。

内服している様々な思いがあるのね。

明日の講座は、気調者だから、ついつい含みを持つ人なの。
本音は言わないし、自分の本音すら気づかないなんてこともあるの。

灯台下暗し的に、自分のことだけは見えなくなる視座の話しになる。

 

明日は、主催者とプラス一人の参加者なので、どなたか、飛び込みでも来てくれたら嬉しいなぁってことでがんばって集客です。平日なのに飛び込んでくれるといいなぁ。って思ってね。

 

気調者講座は、自分でも自分のことがよくわからない人向けです。どうして自分がそんな風な扱いを受けてしまうのか、何故どうしてそうなってしまうのか。本当はこう思っているのに、言えないのか。
いつも気に病んでいるのに、改善する道筋に辿り着くことが出来ないのは何故か?
こんな事聴いても、馬鹿にされるか、気のせいだと相手にされなかった過去の数々の経験が、二度とその轍は踏まないと、今この講座で変れると打診を受けても、過去のトラウマが邪魔をして申し込み出来ないのが実態だったりする。トラウマは自分で外せないからトラウマだし、他人に外して貰いたくないからトラウマとして維持されつづけるものだとするなら、あなたはトラウマなどない! と自分の心を斬り捨てて無自覚に追いやるはずです。そんな斬り捨てられた心を修復して、元に戻す道筋を創るのがこの講座の趣旨です。
「優しさはいつも周りにあった」
という副題でお待ちしています。
見落としていた優しさを見つけて、ガチガチになった肩こりの一つをほぐしに来てみてください。
この問題は鉄板的な肩こりとして肉体症状に出る部分です。

 

お楽しみに!

 

優しい心を見つけてみようよ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。