2017年 9月 の投稿一覧

優しさをあなたに「功労者講座」

ようやく、レベル9になったですよ。
胎蔵界での性格別講座の講師レベルが。
自称ですけどね、前回の川崎が8、土岐が6、尼崎が5ってぐらいにグングン変化しとります。

自分の未熟さに、呆れ果てるものだけれど、まぁ、これが全力の姿でしかないから致し方ない。

続きを読む

目も当てられない

見ていられない。見たくない。

人は、恥ずかしい姿や、失敗した姿を見ると目を背ける傾向がある。

その行為を認めないということだ。

続きを読む

風が吹き抜けていく

「近頃と言えば」、そんな言葉を使おうものなら、ものの見方の偏り具合を疑われて、肩身の狭い扱いを受けることになる。そして、同じ価値観を持つ者同士肩寄せ合って仲間外れにしてきた人たちを偉そうに批評しては、せせら笑って、自分たちは幸せだと言い聞かせる。

続きを読む

みんな輝いていた

つまらないことばかりが頭の中を過ぎる。
授業にも身が入らない。
先生の言葉に耳を傾けても、何もわからない。
聴いているのか? 聴こうとしていないのか?

続きを読む

我が儘な世界でわがままでいる

右眼が塞がった。

腫れ上がってきた右眼は、腫れたり引いたりしていたが、今朝有り得ないほど腫れ上がって右眼を塞いでいた。

肌寒くなりだした、9月の朝である。

続きを読む