視点を変えろ! -視座別解説講座から心の切り換えを心得る-

視座別解説講座とまぁ、また訳のわからぬ講座がある。
エヴァ好きとか、謎好きの方にはオススメのものだ。

この視座別は、リリス(左図)の顔に七つの目があるように、この一つひとつの目が視座を表わしている。

人によって、モノの見方、捉え方、考え方、解釈の持ち方、関わり方、感じ方が変わることを教えている。実際は9つある目だが、ここでは7つしかない。

視座1〜9とナンバリングするなら、視座1と視座5は、ここに描かれていない。

この視座1や5を持てる者が、「優しさを与える者」なんてなる。

言い方を変えるなら、視座2346789を持つ者は、「優しさを受け取る者」となって、与えられた範囲でしか、物事を解釈出来ない従属型思考に閉ざされるなんてことにも陥ったりする。

 

さぁ、早速難しくなったね。

優しく言うなら、「アイデアを生み出す側」「消費浪費側」かの違いと位置づけてもいい。

これから先の時代、機械が肩代わりするように変わる。

ほとんどの人為的作業における簡単、もしくは複雑な工程を担うものでも、人の代わりに機械がしてくれる。ならば設備投資すれば、人件費を幾らでも抑えることが出来るとした企業の発想は、当然の帰結としたものとなる。アイデアを持つ者は生き残り、アイデアの無い者は枯渇して隷属させられていくことになるくらいのことぐらいは考えてもらえれば直ぐに気づく。

 

時代を重ねて、奴隷解放などして、市民権を得て自主権を取り戻したかのように見えている現代さえ、実にアイデアを持つ者、持たざる者によって、富裕層と貧困層と差が開くこととなる。

 

あなたはどちら側だろうか?
アイデアが自由に降ろせるようになり、目の前にある難問さえ、素敵な機転の利かせ方をして、クリアしていく主人公のような働きを周りに示しているだろうか?

みんな、漫画の中の主人公やレギュラー陣に憧れる。
トラブルを起しながらも、機転を利かせて難題を乗り越えて行く勇気の象徴のような主人公もいれば、いつもクールで感情が欠落しているように見えても、その主人公を絶対的な信頼で支える知性の塊のようなサポーター的な主人公もいる。緊張する関係を和ませもするが、考えなしのところから難題を持ち込んで周りを巻き込んで行くどこか憎めない愛嬌たっぷりの主人公もいる。人の気持ちに寄り添い、感情論に偏ることもあれば、冷静な判断力を示して機転を利かせる窮地においても心折れない頼もしき軸のような主人公もいる。一匹狼で仲間に属さないものの、いざと言うときにはどこからともなく現われて手を貸して、活路を開いてくれる主人公もいる。
あなたはどんな主人公に憧れているだろうか?

 

心は人によって見え方が違う。
人それぞれ持つ正義が違う。だから争うし、仲良くもする。
互いに共通の敵を作れば、仲良く出来るし、友人が嫌うものは、わたしも嫌えば、関係性は壊れにくい。
だから、現代はとかく「嫌われぬ事」が大前提になっている。
一致団結して、窮地を乗り越えて行こう! という精神性が広がってる。

アイデアがある者は、こうしたことを咀嚼して、自分の言葉で発言できるようになっているから、嫌われない関係性を築き挙げるには、見せかけではなく、心の底からその人を嫌わないことが大切だと気づいてく。
アイデアがない者は、聴いた話を鵜呑みにするしかなく、見せかけの言葉だけを整えて、嫌われないような言葉がけをして、徹底して見栄えだけを綺麗にする。でも、心の底では舌を出していたり、不愉快さを隠し持っていたりするから、本当に「嫌われぬ事」が出来ているとは言い難いものである。

 

 

視座別解説講座の視座は単純には9つあるし、複雑な見方が出来るように育てば、増えていく。
様々な奥深さがわかるようになる。
つまりは、アイデアマンたちは、そうした深い洞察力や心の深部に触れる感性を持っているから、素敵なアイデアが湧いてくるのだ。

その奥行きの差が何かをこの視座別解説講座で触れたもらえればと思っている。

 

どうして、あの人とこの人の言うことは一緒なのに感じ方が違うのだろうか?
文字列では同じことを表現しているにも関わらず、受け取り方がこれほどまでに違うものなのか。
それをわかったものとわからぬ者の差異はどこから来るのか?

それを解説する講座だ。

 

 

どんな人に聴いてもらいたい講座なのか?

視座9「功労者の目を鋭く持つ者へ」
怪しいものには近寄らない。疑わしいものには触れようとしない。自分の解釈を越えるものは裏を読んで警戒する。自身が不快に感じるもの、危険だと察知したものには敵対心で向き合い、以後許さないものとするのが功労者の目を持つキャラクター性が強い。この者は客観視を重視する。自分の心を観察しており、おいそれと心を許すことはしない。仲間思いでもあり、友人が窮地に陥るなら徹底して止めに入り、無理ならば決別をしてでも、「あなたが親友を見捨ててでも大事にしなければならないものか考えて!」という理論で、背を向けて気を惹かせようとする者である。
欠点や、短所や、至らない点を指摘されることを極度に恐れ、それを客観視して隠し通すことに余念がない人は、改善点や、長所の褒め言葉や、解釈の幅を膨らませようとする人からの言葉を「責め」「いじめ」「痛めつけ」「意地悪」「見下し」「みんなが悪く言う」などという感覚に陥り、自分の感じ方を信じてしまう為、ついつい苛立ちや、腹立たしさ、怒りが込み上げ、仲違いに入ってしまうところがある。
そんなあなたには、「勇気」が自分にあるのかないのか、言って確かめてみるという行動から現実を変えて行くことをしてみるチャンスだとお伝えします。
思い当たる点がいくつかありましたら、来てくださいませんか? お待ちしています。

 

視座8「善悪者の睨み付ける目を持つ者へ」
物事を正義と悪に区別するのが得意な人。自分自身がそのように感じているのだから、人もきっと同じように感じているに違いないと思っているものの、つい相対する価値感に出くわすと不機嫌さを隠せなくなる人。みんなには優しいのに、自分だけに優しくしてくれないと不愉快な気分になってしまう人。「絶対!」という言葉をつい使ったり、思ったりして、自身の客観的なものの見方に全幅の信頼を寄せてしまうあまり、人の言うことが聴けず、気づけば「頑固者」になっていたりして、一人悪者のような立場に立たされて、茫然自失になる人。「どうせ私が悪いんですよ〜」と開き直りをして、悪者を意地でも貫き通そうとする正義の味方気取りの人。わかっていても辞められずにいて、どうにか思案したり、道を拓こうとしても、つい役に立たない者ばかり選んで同じとところをグルグル回ってしまう人。
以上の方々には、非常に新鮮かつ、斬新な視点での解説講座となります。
自分がどうしてそんな目に遭うのか、こんな生き方もうしたくないのに、出口が見つからない理由の片鱗に触れて行き、解釈を変えていく切っ掛けが得られていくものとなるものです。
大体該当するという方は、参加費が10万くらいでも「聴いて良かった! これで道が拓かれる!」と、自分をどれだけ客観視しても抜け出せない理由が見つかるので、お得な講座となります。
セッションや講座に参加する人は皆「安すぎる」が共通の感想で上がっています。
「悪いことは言わないから辞めておきなさい」
と、言われても、それを無視して自分の感性を信じて生きてきた結果が「今」です。
ならば、悪くなるかも知れなくてもいいから、無駄金になってもいいから、思い切って参加してみよう! って思って飛び込んで見たとき、何かが変わるとしたら、その扉を開いて行く「決意」があるか自身に問いかけてみてください。
悪い奴は「自分を変えたくないの?」と脅します。
善い奴は「自分で答えを出せないなら、誰を信じてみないといけないか、何十年掛けてでもそのままで悩み続けてみることです」と何も答えを与えません。
言われて動くのか、言われたけれど自分で動くのかは違います。
あなたの決意はどこに向いているのか、自分の心を客観視出来ているなら、見えているものの筈です。
感銘を受けたなら、参加するメリットがきっとあります。
辛い思いをずっとしてきたんでしょ? ずっと心を守り続けてくれたんだよね。
その心の守り手を、人の心を繋いで絆にして、強固なものに変えてみないかい?
世界を広げるには、知らないことを知って行く必要があるし、わからないまま踏み出して行く怖さを乗り越える信じる力が必要だよ。
信じなくてもいい。信じられない心があるのが普通だもの。
きれい事で飾りだてなどしないから安心してくれたらいい。
視座別解説講座は、視点を切り替える切っ掛けを与える講座に過ぎない。
話を聴けば、「面白かった」が感想となるのは間違いない。
それだけ斬新で、世の中に出ていないものだから、比較確認する対象物が存在しない。
はじめてのモノを、どのように評価するっていうんだい?
アニメ、エヴァンゲリオンのリリスの7つ目を体感覚で解説できる講師で、文献から学び取った知識を披露するそれとは違う。みんな資料から学ぶ。当たり前だ。だから消費で浪費側だと揶揄される。アイデアは生み出すものだ。降りてくるモノだ。そこにあるものだ。
アイデアを生み出す力の根源に触れる機会にしてみないか?
きっと新たな扉が開かれるよ。

 

視座8765「立役者の全てを見抜く目を持つ者へ」
洞察力、分析力、解析力に優れてあなたに、見せかけは通用しない。どれ程のものかと、せせら笑う。あなたの見識豊かな知性を覆せるほどのモノを与える講座など、滅多に存在しない。幾重にも体験を重ねて身につけた経験から養われた知性を凌駕するものなど、中々お目にかかることなど出来ない。興味を示して、出かけても、ため息を吐いて、「こんなモノか」とその場でははしゃいで楽しんで見せても、心の底で興ざめだったりする。講師を喜ばせて終わりだ。生徒が講師に気遣いをして、言いたいことも言えずにいることを講師は気づこうともしない。質問されても答えられない苦しみなど、わかりはしない。質問されても言いくるめられるやり口にしか出会ったことがない。モヤモヤする、きっと違う、何かがおかしい、「はい」と言えていないのはわかるが、表向き「はい」と言わされて終わる。意味がない。価値がない。聴いても仕方がない。質問してもはぐらかされる。講師が聴いて呆れるという人しか見たことが無い。くだらない。金儲けの亡者たちにしか見えない。値段を吊り上げれば高級感が増して、品質が高まるように見えるが、品質が高いとは限らない。
チープなものを値段吊り上げて買わされた我が身を振り返ると、人を信用出来なくなる。この不信感は二度と拭えない。騙された感を抱かされた者からしたら、みんな敵にしか見えない。良い言葉で勧誘しては、中身がすっからかんで、自分の言葉を押しつけるばかりで、こちらの困惑振りを汲み取ろうともしない。最低な奴らだ。
そんなモノに金など払えるか。見せかけばかりだろうが。私を頷かせるような優しい関わり方をして見て欲しい。警戒心で心閉ざした我が身をどうか解き放ってくれ。やれるものなら、やってみろ!
どんなに手を尽くしても、自分が見えないモノの苦しみ、貴様にわかるのか!?
そうした解釈で物事を振り返り、日々研究に明け暮れているあなたに届けたい視座別解説講座だと知らせたい。
素直な心を持っているが故に、言いくるめられ、反論したくないのであり、相手を気遣って損な役回りを引き受けてしまう優しき心の持ち主に聴いてもらいたい講座だ。
辛かったし、苦しかったし、誰にもわかってもらえない思いの中で、道を模索し続けているあなたに、この講座の視座の区別を学ぶ切っ掛けは役に立つ。
そうか、そういうことなのか! だからなのか! どうして仲がいいのに仲違いに発展するのか謎が解けた!
と言えるように変れる。
心が分離しているとか、ブロックとか変な言葉を使うな。とか思っていたが、なるほど納得だ。それなら心が傷ついていると表現するよりも論理的な表現だと解釈出来る。
これほど知的に解説できる人など見たこと無いと言える。
エヴァンゲリオンのリリスの7つの目を体感覚で解説できるというのも頷ける。
この文章の秀逸さに惚れるあなたがいるなら、会社を休んでも、何を置いても来た方がいいということくらいわかる筈だ。心の繋がりを今感じている筈だからだ。
見えないモノを見えているかのように解説して、曖昧にしない知性的な解釈を展開する強さを目の当たりにしてもらいたい。揺るぎない信頼感が湧き上がるのを体感出来るに違いないからだ。
わかり合うってどんなことか触れていけるよ。
ついておいで。
講座に来れば全てが変わる。
待ってます。

 

今回の講座は、この3つの視座に悩みを持つ人に向けて告知してみる。
私は単にアイデアを生み出して、他の人にない感性を取り戻して欲しいと願うだけなんだ。
心は自由だ。どんな色にも染まる。
この世の中に染まれないなら、それは自分の色と合わないからだ。
この講座を通して、見えてくる世界の色なら染まりたいと思えるかも知れない。

 

今や、誰もがクリエイティブなことが簡単に出来てしまう世の中だ。
スマホや一定の機材があればプロフェッショナルなことが出来てしまう。
同じものを作りながら、それより一歩秀でて行くにはどうしたらいい?
何故か、人が集まる。
どうしてか、人に好かれていく。
気づけば、笑顔に囲まれていた。

現実からアプローチして、現実を変えて行くことに限界を感じている人もいる。
私がそうだった。だから、私は心を変えて現実を変えた。
心の視座の区別が出来るようになれば、人はもっと優しくなれる。
仲違いしたい人などいない。みんな仲良くしていきたい。
「一人にしておいてくれ」と言っている人さえ、コンビニに出入禁止とか、会社に出入り禁止の「一人にしておいてくれ」ではないことぐらい自覚出来ている筈なんだ。仲良くしたくないと言うなら、山奥に籠もれという話にならないといけなくなり、それが出来ないから死を選ぶなんてことを思いつくようになるからね。それは違うだろう?

でも、どうしても「何か不快さが湧く」んだ。
その解決法や、解釈の助けを知ることが出来れば、落ち着いていられるかも知れない。
そんな知識の助けとなる斬新な解釈がここにある。

 

笑うしかない答えがここにある。
そういうことなのか! と合点して腑に落ちて、肩の力が抜けて楽になることがある。
心が穏やかになり、優しく変れる。
視座の違いを知るだけでも、こんなに心が豊かに広がるだなんて、「知ることは大事」なんだと改めて実感出来るものとなる。

 

わかれば、みんなで笑えるんだよ。
知らないから怖いんだ。
間違えたことを怒られたから、心閉ざすしかなくなったんだ。
正しく教えてもらえれば、こんなに苦しむことはなかったと知れるんだ。
これまでの全てを受け入れて、次に進む機転にしてくれたらいい。

 

大金を叩いて、講座を受けることになるのだから、講師であるまさみちも、価値あるモノを届ける為に出来る限りのことをしていく。必要なら、講座中でも講師の心を改めて、生徒に寄り添う。

難しく考えないで欲しいし、楽しく面白く聴いてもらいたい。
富む人は富み、貪る人は貪るしかなくなる現実に対して、きれい事を好むのは健康な人か、病む人か?
「きれい」と「きれい事」。でもきれいで無ければ、誰も近寄らない。
きれい事であるけど、やっぱりきれいなら、嘘のように見えたけど、本当でした。なんてオチもある。

何を見ているか、何を手に出来ているかは、自分の心の豊かさを見ればわかってくる。
自分の心は騙せても、目の前にある現実は変えられない。
現実から目を背け続けても、心から笑顔になれないものだ。作り笑いかどうかは自分が知っている。

 

視座別解説講座を通して聴けば、あの人との行き違いの何かがわかってくる。
優しくなる道がわかるんだ。

 

 

場所:茨城県潮来市日の出町8-14-2 1F「シェアルームホリスパリティ(ナチュラルショップくるむと併設)」
日時:2017/10/22 10:00〜16:00
費用:16,200円
各種講座案内
申し込み
アクセス
詳しくは主催者さまにお問い合わせください。

 

楽しみながら学べると何でも身についていくよ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。