アスペルガー症候群の謎

発達障害って名付けるのはいいけど、その原因と真因って何だろう? って自分の事例と、周りにいる人たちとの関わりで、見つけたことを報告してます。

発達障害の中でも、アスペルガー症候群ってのがあって、私もかつてはそんな症状に陥っていた。

 

自分じゃ、障害なんてわからんから、個性とか、気分の沈みとかにしか思えないのね。
軽度の人なんかは、気分が変わって、浮上するから障害なんて認知に至らない。

それでも確かに「何かおかしい感じ」になる。

突然自分じゃないような恐怖に悩まされたりね。

 

わたしの症状のひとつに、ダムの貯水って深い緑色の水だったりするでしょ?
あの深い緑色の水を見るだけで吸い込まれそうな恐怖に襲われたりして、もの凄く怖かったりしていたの。
でも、こんなのは実害はない。

凄い貧乏性な感覚が出てきたりして、必要以上に節約モードに入ったりするなんてこともある。

 

アスペルガーは、その空間に漂う想念に染まり上がって、自分が自分ではなくなるような感覚に囚われるもの。
多くの人が何かしら持っている。
それでも、一時的だったりするから性格とか個性の問題みたいに「私はこんな感じなんだ」と自分を観察しては、それに対応する処置とか覚えたらなんとかなる。

でも、アスペモードなんて表現するけど、そのアスペルが発動している間は、自分じゃない感じになって、自分も周りにも不快感を与えたりしてしまうものなんだよね。

だから、治せるなら、治したいものだったりする。

 

そんで、昨日は「自分とひとつに(アスペルガー版)」ということで、アスペルガーについての講義と、実技をやってみた。そう、実技だ。

元々、自分とひとつにってのは、自分を知る為の心をひとつにしていくワークを体感するところ。

アスペルガー症候群は、自分の心を内観しても見つからない領域にある、ちょっと特殊な部分だ。
十識十方に当てはまらない。
十識ってのは、仏教で定義されている識の種類で、大別できるひとつの指標だ。
サイコメトリーなど、物の思念を読み取ったり、空間に残る残留思念を拾い出したり、過去世などの無意識領域や、魂の座みたいな「魂の目的」のようなものなどが書き込まれた領域などがあるもので、この十識が自在に読み分けられたら、空を知っているともいえるご大層なものだったりする。

アスペルは、この分類に当てはまらない不可思議な領域にある。
自分はこれを掴めるが、他人にも掴ませられるのか? ってことを試みてみた。

 

結果、参加した全員が、そのアスペルガーの問題がある心の領域に触れることが出来、自分を紐解くキーワードを拾い出すことが出来た。一人は、完全に一つのアスペルガーの症状を正した。

彼女は、会社で出来ない人を見ると不快感に陥る。
自分で告白してくれていたが、結構な意地悪をしているらしく、自分は冷たい人だと定義していたみたいだ。
それが、性格ではなくアスペルガー症候群の症状で、正せるってものだと知り、試みたら自身の弱さを認めていない深層心理に触れることが出来、改められた。

これで、会社に行っても出来ない人を見ても苛立ったりはしなくなる。

 

アスペルの症状は結構、心理的に大きな影響を及ぼし、少なからず表情や態度に出てしまう。
片付けられないとか、気が散って集中出来ないなどは、対処療法でどうこう出来るものではないが、現実問題そういうものしかない。

それが、一般の素人でも、体感覚で紐解けたのだ。
やり方さえわかれば、出来ることがわかったのが、今回の収穫である。

コツ勘さえ掴んでいけたら、一人で様々なアスペル症状の改善に努められるという道が拓ける。
これは凄いことだ!!

 

アスペルガー症候群を、自分の手で紐解いて正していける!

これはいい。

これが自身に出来るなら、他人にもしてあげられるってなる。
アスペルガー専用の施術者も養育できる道が拓けたとも言える。

解消されれば、アスペルガー症候群で負担になっていた周りの人も助かるからね。

その身になった者ならわかるが、あのモードはいただけない。
人の心を失うといってもいい。

 

本当にしんどいときに、引っかかると車を運転しながら、対向車と正面衝突してやろうかという衝動が湧いてくる恐ろしさがある。やってないですよ。おまけに、今は皆無になって正せましたから。
最初の離婚の時、何もかも嫌になる感覚に染まっていて、今振り返ると、あれもアスペルガー症候群の症状の一つだったんだってわかるから、このように表現している。

同じような人がいれば、それは「おかしい」のではなく、一つの病気(症状)ですよって紹介して、正せる道があるって伝えられるからね。

 

みんな楽がいい。
適度な負荷は様々なメリットをもたらすけど、思考が狂うストレスは負荷とは言わず、ストレス(苦痛)だからね。我慢しても意味がない。

 

アスペルで苦しんでいる人は、一度会に来て。
中々、セッション枠とか空けられないけど、講座とか、実はどれでも有効すぎて、運が良ければアスペルも正せてしまうブロックも外せる講座もたくさんある。
どれがいいかわからないって方は、コメントくれたらオススメ度は伝えます。

 

視座別解説講座は、別格に面白いし、役に立つ。
解釈の幅がグンと広がるし、構造がわかれば、紐解き方も広がるから、カウンセラーとかコンサルしている人たちにも役立つ。色んな見えないことが見えてくるからいい。

まぁ、一目見に来て欲しいのが本音。
まさみちをね。会えば色んなものが伝わるからね。

 

側にいるからわからない。離れて見たら全てが愛でした。

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. いちはらさおり より:

    今牧様

    以前の重度アスペルガーの投稿の際、色々助言頂きありがとうございました。
    つい最近、ふとしたことで「こういう時に例のアレが発動するのかな?」
    と思い当たったことがあります。

    とは言うものの、完全なる素人の思い付きですので確信がもてずにいます。
    もし、そんなにピントがズレていなければ、かおりさんとのセッションの際に
    発動するかどうか試して見ようかと思いますのでご助言頂けましたら幸いです。

    よろしくお願いします。

    1. 噺家まさみち より:

      さおりさま。

      はい、その「こういう時に例のアレが発動するのかな?」の、それで正解です。
      そういうのがアスペルモードとかいって、アスペルガー症候群にハマり中という解釈でここでは説明しています。

      1. いちはらさおり より:

        教えて頂きありがとうございます。

        今、ちょっとモードに入っている気がしますが、
        前回の助言通り気をそらせつつ、(もし、収まらない場合)
        爆発させるのはセッションの時にしたいと思います。

        1. 噺家まさみち より:

          入ってますね。

          「騙された」「楽しかった」
          と、鏡を見て、自分に向けて叫んでみてください。
          アスペから、多分外れて元に戻るかと思います。

          1. いちはらさおり より:

            改めて初めの回答を読み返すと
            取りたいように解釈する
            が出ていて大変痛いです

            2つの言葉、試してみます
            再度のご助言、ありがとうございました

  2. 田畑 亜希子 より:

    まきさん、いつもありがとうございます。

    安定者講座を受けるのは、アスペル症状を正すのに有効ですか?

    安定者の相対性でそのような症状が出たりする事も、もしかしたら多いのかな?と疑問に思ったので質問させてもらいました。

    1. 噺家まさみち より:

      亜希子さま、こんにちは。

      安定者講座は、アスペの根底ブロックに対して2つ程有効だと思われる。
      他にもオススメ度として98%など、かなり絶対受けろ的なものなので来た方が良さげだ。
      アスペ症状直すのに有効ね。おいで。

      1. 田畑 亜希子 より:

        ありがとうございます。
        かなり迷っていたのですが、参加しようと思います。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。