踏み出せない人、踏み出しても成功しない人

茨城県潮来市での講座セッションもいよいよ大詰め。
出来る人は出来て、出来ない人は出来ない……なんていう感じで身動き取れない人を感じる。

 

これは私も長年の課題だ。
自分(まさみち自身)も、好きなことをして生きていくって道に飛び込んでカウンセラーとかやり出したけど、ここに来て、音楽活動の道が開きはじめた。

こんなものは想定してもいないし、イメージしたことさえない。

だから、イメージした通りになるなんていうのは私の中では違うと断言できる。

突然湧いてきて、いいな。とか面白そうだから詩を書いてみた。

そしたら曲つけてくれた。

それがアルバムの1曲となり、「虹色の夢」として収録されている。

売り出したい。歌いたいとか、作詞家になりたいなんて夢などなかったのに、現実化した。

 

「イメージ通りになる」という言葉は、虚モードの教えだと私は解釈している。
「やり続ければいつか叶う」という言葉は、闇モードの教えだと私は解釈している。
「やっていたらそうなった」という言葉は、許しモードの教えだと私は解釈している。

 

そして、どれも大事だと思う。
私は「やっていたらそうなった」という言葉に従っている気がしている。
もちろん、目の前にある選択なき選択をして、共同制作とか、アルバム収録につきそうとか、ジャケット撮影、PV撮影が、恐ろしいほど私のオフ日に合致していて作ることが出来た。

昨日の「見えない親子の絆」の講座では、あなむが参加してくれたものだから、最後に彼女から好意でMOTHERを歌ってくれた。ラジオ収録の傍ら、潮来まで足を運んでくれて講座を聴いてくれている。

親子講座にあなむのMOTHER……、彼女のパワフルな歌声にいい感じになって終わった。
これもイメージしていない。
やっていたら、そうなった。という感じだ。

来てくれたみなさんが喜んでくださっているのが何より嬉しい。

そして、私もその後の講座の中で、「歌を歌うことが夢だ」と話した。
作詞家だけでなく、歌手も希望している。

生徒が笑い出す。

私が歌い手だなんて、言いだしたら、そら笑う。

笑ってくれたらいい。

この世界にはジョークは大事だし、ユーモアがないとね。

 

それで本当に歌えるようになれば、どうなるのか?

なんせ、音痴やカシオペア音階というあだ名をつけられるくらい、妙な音の外し方をする歌い方をする私だ。
プロになるなんて馬鹿げた話だ。

実質、そこに至るまでの心の傷の多さと来たら、これまで外してきたブロックと同じぐらいありそうな勢いだ。それだけ死んでいる。心が病んだままだ。どうやったら回復させられるのか途方に暮れそうなくらいある。

それでもやる。

 

カウンセラーや講師としての道は仕切り直しで、来年から再スタートする。
あなむと共に活動をしていく。

歌いながら、話ながら、何か出来ればいいと思っている。

イメージは、そうだな、皆が思い描いてくれたらその通りになる。っていう感じかな。

私が作るのではない。

みんなが私たちを作っているってことに気づいてくれたら嬉しいね。

 

出来る人、出来ない人の違いって、人からどう見られるかという表向きより、あなた自身が周りの人をどう見て、見直しているかじゃないかな。

頭の中身を気にしている?
胸の気持ちに左右されている?
腹の黒さに翻弄されている?
背の憂いに幻滅している?
目の輝きを失っていない?
姿の中に自分が見えているかい?
心の中にある優しさを忘れていないかい?

こんな風に、心というものを捉えるなら、頭から、胸、腹、背、目、姿、そして心と7層ある。
あなむのアルバム「姿」はそんな心の奥底にある姿に語りかける歌だ。
7層の心に響かせるかは、あなた自身の協力が必要だ。

 

自分の世界を変えていくなら、心の奥底にある眼差しを見つめないとね。

あなたの目の奥には何が宿っている?

 

 

愛の中で愛を探している。

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. なかいみほ より:

    今回は歌ってるようなブログですね。
    いつもの、グイグイくる感じとは違って母性的です

    私も「やっていたらそうなった」と、目的は持たずに目の前のことに面白がって夢中になろうと思ったこともありました。

    「叶わない」と思っていてこの歳になったのは、そんな思いが「違う」というサインだったのかもなぁと思いました♡
    「叶わない」ことで経験できたことが喜びだったのだから、私は成功者とも言えます!
    全てが「ただある」ことに自分で色付けしてただけなんだな(笑)

    面白いと思うことをやっていたら、隣にまさみちやあなむちゃんがいたら嬉しい

    1. 噺家まさみち より:

      そうだね。叶わないことも、叶っていることでもある。
      自分の望みを見つけたなら、改めていける。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。