思考のループに陥るいくつかの理由

決めた通りに出来ない迷い続けるあなたへ。

わかるまで探し続ける先に見つけた場所がここです。
辿り着いたあなたの感性に、「ありがとう」を伝えます。
絆があるから、見つけ出せた奇跡をみんなに贈る「ことば」の不思議がここにある。
ことばのカウンセラー・まさみちのブログで、新しいことばの意味に触れられることを願っています。
また、あなたに出会えた嬉しさと共に、必要とされている思いの欠片を置いておきます。

何かにつまづくと、その原因たるものを考えていきます。

それが、行き着く先は、自分の考え方や、捉え方などになるものです。
どうやったら、自分が持っている思考の癖や、価値感の歪みを正せるのか考えなければなりませんが、それがどんな事か、いざ自分で考えてみようとすると途端にわからなくなったりするものです。

色んな本やブログで、様々なことを教え請うものの、いざ自分ではじめようとすると出来なくなってしまいます。

 

ここに大きな見落としのルーチンワークが隠れています。
誰もがではありません。
それでも多くの人が、この思考のループにはまり込んでしまっていて、自力が出来ないように閉ざされているものがあります。

みんなが居る場合は出来るけど、一人になると出来なくなる。

 

これは、運動などにも言えることですが、一人ではウォーキングも出来ないけれど、パートナーが行こうと誘ってくれると歩きに出かけられたりして、長続きしたりもします。

元より、エゴ(意味ないことはしたくない心)に、自分捜しの旅は出来ないものだったりします。

知ってましたか?

 

一人旅に出かける傷心旅行などは、意外にもエゴでは出来なかったりします。

恋愛はエゴでするくせに、傷心を癒やす旅は真心(意味のないことでもしてしまえる心)で動いたりするものなんですよね。このカラクリに気づける人は中々いなかったりします。

 

さぁ、思考のループの癖のいくつかを紹介します。
以下の思考はループして終わるので、答えに辿り着きません。

 

1,自分が悪いんだ。
2,原因を見つけよう。
3,許していかないと。

 

典型的なものを3つ上げましたが、これは答えが出ない取り組み方なので、止しましょう。

 

あと、不思議話が好きな方々用に、一言ちょこっとアドバイスがあります。

 

人から悪く思われると、刺さるような痛みが走ることがあります。
それ故に、人には優しく関わりましょうとアナウンスされているものですけど、知らず知らずに悪く思われたりもするものです。そんな念を受けすぎると、辛いので躱(かわ)し方も開発されたりします。

ただ、放たれた念が躱(かわ)されると、我が身に還ってくることになるブーメランって奴があります。

一般にブーメランは放って置いても還ってくる類いのことを指しますが、躱(かわ)す方は、意図的な何かしらの工夫によって、放たれたものを受け取らずに、その人の元へ返す方法論です。

 

躱(かわ)す方法もあるので、訳もわからずあちこち痛む場合は、ご相談ください。
時として、そんなつもりがないのに、いつの間にか悪く思われたりするなんてこともあります。
悪く思う方も、本人も無自覚の場合もありますが、悪く思うなんてことは、自然にあることです。
ついつい、思ってしまうものでもあります。
ふと、思われてしまってしまうものでもあります。

 

日常茶飯事なものですから、そう深刻に考えずに、気になるなら対処する方法もありますから、専門の方々に相談してみるのも一つの手です。

 

受け入れて許すだけでない方法論が見つかりましたので、「もしや」と感じられましたら、声かけてみてくださいね。許す心が行き着く先は、自分が何をしているか気づかせる関わりをしていくことです。

 

 

 

優しさを与えれば優しさが還ってくる。そうでないなら、そうでないものが還ってくる。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。