ささやかな日常を守ると誓うあなたへ

おはようございます。
ことばのカウンセラーまさみちです。
大阪の地震なんだか怖いですね、
みなさん余震に気をつけてください。

 

何でもない、当たり前の日常がいい。
そう思う人はたくさんいると思います。

けれども、災害など不意にやって来ては
大切な家族を奪ったりします。

新幹線での殺傷事件や、大阪の地震に
おいて思わぬ目に遭うなんて想像も
しないものです。

 

そんな事故のような事件や被災など
誰が想像しているのでしょう?

 

そういう目に遭わないように、
大変なことにならないように、
いつも通りささやかな幸せが
ありますように、と願っている
ものです。

 

たまたまなのか、
必然なのか?

 

偶然はない。
などと、全ては必然だという
考え方がありました。
被災に遭うと、これも必然だと
大切な人がケガをしたり、
痛みに苦しむ姿を見て、
「必然だ」と捉えるには、
あんまりだという感じが
あるものです。

 

ブロック塀が倒れて下敷きになるのも
あの塀における耐震を考慮していない
からと言えば人災となり、
下敷きになって亡くなる子は
防げたかも知れない。と憶測するのは
適当なのか? 不当なのか?

 

人は日常の変化を嫌いつつも、
否応なく変化していく毎日を生きています。

明るく元気に生きる!
そう決めて実践していても被害に遭うことも
あります。
自分ではなく、大切な人が被害に遭うという
のを目の当たりにすることもあります。

 

思いも寄らぬ災害や事件で命を閉ざされる者の
無念を思うことと、残された者の悲しみを
思うこととの差異はどこにあるだろう?
そんなことを考えてしまうものです。

 

あの席に座っていなければ?
あの塀の横に居なければ?

 

つい、「もしも」を考えてしまいます。
過ぎたことは変えられない。
悔やんでも悔やみきれないから、予測して
警戒して、事故や災害を少しでも減らし、
減災に取り組んで行こうとするものです。

 

 

今、大きな余震が繰り返しアナウンス
されています。
警戒してください。注意してください。
もしもの時の対応を決めておいてください。
呼びかけられても、逃げる前に
鉈が振り下ろされたり、塀が崩れてきたり
したら? どうすれば注意できたと
言うのだろう?
ふと、そんな疑問が過ぎります。

居合わせた人と、その場に居ない人との
差はあるのだろうか? ないのだろうか?
たまたま? なのだろうか?
悲しくなると、理由を探したくなるものです。

答えを探す旅に出ませんか?

 

 

個人セッション募集しています。
7/2(月)、7/10(火)、7/11(水)、7/12(木)
7/15(日)、7/23(土)、7/26(火)、7/28(木)

以上の10:00〜20:00(21:00終了)の間
個人セッション枠あります。
1枠/50分
初見の方は、1枠申し込みした際に
1枠無料相談時間を設けております。

お問い合わせください。

料金は10,800〜32,400円/50分となっております。
上限を決めていただきましたら、その範囲で
時間を調整して対応致します。

価格が変動するのは、クライアントさまの
受け取れた情報や、改善度合いによって変化
するものです。

 

あなたに幸多きあらんことを。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。