第四章 無空者〜孤高に立ち向かい世界の果てを知る講座〜6H/10,800円

第四章 無空者〜孤高に立ち向かい世界の果てを知る講座〜6H/10,800円

おさらい
個性から紐解く視座別解説講座は、心の目について一つひとつ解説していくものです。
よく、善の心、悪の心とか天使の心と悪魔の心などと称して、善悪理論で脳内の思いの葛藤など表現することがあります。そんな天使の心とはなんぞや、悪魔の心とはどんなものか?
それを実際の身に起きた体験を重ねながら解説していく講座です。

色んな解釈が存在するように、心にも色んな解釈があるうちの一つです。
視座別解説講座の良いところは、実践ワークが付随しており、感覚を通して不思議な体感覚を経験できるアトラクション要素が含まれていることです。

心の目が、自身の心を紐解くに、「その思考の仕方でいいの?」と、考え方や解釈の持ち方に工夫しているのか? というツッコミがあります。つまり、普段の考え方では、到底到達しようがない考えの転換など持ち得ないということです。

それを細分化して、わかりやすく性格別のようなキャラクター性を持って、自身の心の働きが何故そうなのかを学ぶ講座群です。

さて、無空者講座の内容はどんな感じかというと。

1.心の目について
2.有り得ない事を考える
3.存在し続ける証拠
4.棲み分けて終わらせてしまう
5.2種類に分類できる
6.月の目で見てみる
7.月の目が教えてくれた
8.公にしながら間違う心の働き
9.権威・和合・経験を重んじる心
10.自分がいなければ問題は消失する
11.見たくないことばかり見せられる
12.自分だけがわからないものがある
13.相手の世界を全肯定していく
14.早送りしてみる。
15.未来を夢見る危うさは誰が教える
16.鏡の世界に飛び込む
17.強く意識する
18.意識が動かなくなっている
19.幸せにしてあげたい
20.解決を迫られている気がする
21.思いやりしかない欠けたものを補う心

以上のような項目を解説していきます。
12.項目以降から実践ワークとなり、心の目を使っていく直感を鍛え上げる講座です。

この世は幻想の世界だとか、夢だとか言われている側面があります。
見ている人それぞれ、感じ方が違い、話しているのにうまく言葉が通じていない感覚や、「なんでそんな考え方しかできないの?」と、どれだけ諭して考え方を教えようとしても変えない人もいます。

世界が違えば当たり前のことでもあります。

その世界の食い違いを見通す心の目を持つことができたら?
それは隔たりある世界と世界を繋ぐことも可能となります。

少しファンタジックですかね。

実際にこの現実世界は、不思議に富んでいます。
物理現象よりも、人と人とが織りなす精神現象は理解できない所もあります。

講座では、どうしてより良くしてあげようと関わり、問題を解決しようと教えてあげても、それがうまく機能しないし、衝突して喧嘩になったり、わかり合うことができなくなったりして混乱したいきさつを解説します。

何故、改められないのか、正しいことを教えたら、正しく伝わらないのか?
そうした問題の真相について解説する講座です。

 

講座の目標は、どの講座も「笑って穏やかに過ごす」というシンプルなものです。

それが、心の目の使い方一つで、大混乱に陥っていることを学び直して、冷静になる為のものです。

特に、夫婦間におけるトラブルの謎を知りたい人には持ってこいの講座です。

 

Q1.何か受けたら役に立つの?
A1.人のせいにすることで、やめてくれと懇願したくなるような無意識のカラクリを知り、思いの大切さを学べます。

Q2.受けたらどんな効果が期待出来るの?
A2.色んな事を仕方ないとして、割り切って考えていたことに明るい兆しが得られます。道が拓けた感覚が得られます。

Q3.興味があって受けに行きたいのだけれど、行かれません。どうしたら行けるようになりますか?
A3.極悪非道な講座を開いているに違いないから、行って確かめ証拠を押さえて訴えてやろう! という気概を持ってみてください。それで申し込めるなら、その気持ちで乗り込んで来てください。

 

講座は、様々な心の目について解説し、実践ワークを通して行くので学び甲斐があります。
集大成としての理論と実践ワークが織り込まれています。

脳波がシータ波が続き、猛烈な眠気と温泉の心地よい状態に見舞われて、学ぶどころじゃないヒーリング効果もあります。

脳波の使い方は、懇切丁寧に指導を受けられます。
繰り返し再現するには、受ける側のセンスによるものなので、体験ワークはみなさんできますが、家で再現出来るかは本人の資質に寄ります。

 

不思議体験ができます。

実生活における問題も次々と解決することもあります。
講師の話を聴くだけで、謎が解けてスッキリしてしまうことがあります。

また、実践ワークもそうした生活に役立つようなものばかりです。

 

無空者と名付けられているこの講座名は、「無」や「空」といった悟りの境地を体感しなければ到底解説できない難しい領域のことを示しています。

書物で学び、瞑想の果てに到達するものと思われがちですが、とても論理的でユーモアに溢れ、解釈そのものがぶっ飛んでいるような話が自在に話せなければ、「無」や「空」というものは納得した体感覚で理解したとは言えないものです。

この講座を繰り返し体験する先で、もしかしたらそうした「無」や「空」を掴めるかも知れません。

 

講座は、第一章から受けなくても、第四章から受けても構いません。
どの講座からでも自由に受けられます。
それぞれの章で独立、完結しているので、他の章を知らなくても問題にはなりません。

好きなところから学んでください。

 

この記事に目に留まったなら、あなた自身が必要としているものだと解釈できる人は、人生が変わるかも知れません。
お待ちしています。

 

 無空者講座
7/29(金)
10:00〜17:00
場所:茨城県潮来市日の出8-14-2
レンタルルームホリスパリティ

お問い合わせください。
楽しみを創造していこう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。