-噺家まさみち- わかるブログ

 

人が持つ可能性を信じている人の為のブログです。
新しいことは難しいことに挑むことです。
「わからない」が面白い!! と感じられる人向けです。
習いにおいで。全部教えるよ!

 

今牧真道プロフィールはこちら

 

講座(出張)スケジュールはこちら

 

おとぎ話 地球ってどんな星? その4

地球ってどんな星? その1
地球ってどんな星? その2
地球ってどんな星? その3

続きを話そうか。

 

宇宙の子たちは、何も言わなくなった代わりに、地球の子に従うようにしたんだよ。

望みを叶えるようにしたの。

欲しがるモノを与えて、地球の子たちがどうなるのか、見続けていたの。

 

「どうして?」

 

宇宙の子からすると、地球の子はとてもとても良い子だったのでね。その子たちがどんな風に世界を創っていくのか見てみたいと思ったからなんだよ。

続きを読む

おとぎ話 地球ってどんな星? その3

地球ってどんな星? その1
地球ってどんな星? その2

続きを話そうか。

 

褒められたって、誰しもあるだろう?
それが悪いことではないのだけれど、褒められる為に、褒められない事が必要だとは気づけなかったんだ。

出来ている子が素晴らしく、出来ていない子は“要らない子”として扱われるようになってしまったんだよ。

それは、人として歪んだ形での「成長」であったんだ。

競い合うことそのものがいけないのではなく、相手の改善できない欠点を突いて、貶めることに物事の法律とか、規律や道徳が定まっていったからなんだよ。

続きを読む

うまく生きられないけど、笑って見せる

言霊ブログへようこそ。

今日は、おとぎ話をお休みして、宣伝です。

 

みんな興味あることにしか目が向かないもの。

好きなものにしか惹かれない。当たり前の話しだ。

自分の心の傾向に従って、チョイスしている。といえば聞こえは良いけど、流れに乗っているのか、流されているのかでは大違いだったりもする。

続きを読む

ずっと疑問だった -意識レベル講座- 解説

「人とのコミュニケーションがうまく行かない……    ……相手の心がわからない」→もし、人の気持ちがわかるなら。

「意識レベル講座」では、人の気持ちのすれ違いについて、何が起きているか教えています。

もし、「役に立たない」「聴いて損した」「期待外れだった」「難し過ぎた」という感想のいずれかでも感じましたら、全額返金します。

情報をお金にしている講座ですが、その情報を与えながら、役に立たないなら、お金はいりません。と言える内容をお届けします。

続きを読む

おとぎ話 地球ってどんな星? その2

地球ってどんな星? その1

 

続きを話そうか。

 

地球の子と宇宙から来た子は、そりゃあもう仲良く暮らしたんだ。

何もかも上手くいっていたの。

沢山与えた分、沢山尽してくれた。

宇宙から来た子は、どんな地球の子の姿も愛したし、それを否定しなかったの。

地球の子は、我先にと宇宙から来た子の思いを汲み取ろうとして、地球の子同士で、宇宙の子を見習うようにしたつもりの姿が争いだったの。

これには宇宙から来た子はガッカリしてね。

やめさせたいのだけれど、何を言っても誤解しか生まれなくて、修正しようとすればするほど、誤解が広がっていったの。

続きを読む

おとぎ話 地球ってどんな星? その1

今日からは、少しだけこの星の話しをしていこう。

 

「え、どこの星?」

そりゃ、もちろん地球って星のことだよ。

おとぎ話だから、信じちゃダメだよ。

創作だからさ。どれだけ何を想像できたか? って披露しているってなものだよ。

どうだい? ワクワクするかい?

 

「うん」

続きを読む

わかり合えないなんて言うなよ

人の心はさ、幾重にも複雑なものが絡み合っていて、簡単には紐解けたりはしない。

誰もが自分の目の前に来る現実ってものに、打ちのめされて、励まされて、迷いながら進んで行く。流されることもあるし、自分で踏み出していく事だってある。

 

かけがえのない日常。

 

守らなければならないのは、そんな在り来たりの毎日。

続きを読む

楽しいことを探している

楽しいことずっと探している。

 

言霊師なんて怪しく自称するカウンセラーがお届けする、幸せ気分に浸る方法論、少し読んでいきませんか?

 

何もないところから、楽しさとか、素敵なことを生み出すのって難しいんです。

続きを読む

右脳派と左脳派とタイプが分かれる その6

言霊ブログへようこそ。

思いを言葉に出来たらというけど、まぁ、自分の思いをそのまま伝えて伝わらない仕組みというものがわかるといいんだけど、そんなものは誰も教えてくれない。

この教えてくれないって言うのも変なもので、右脳と左脳で解釈が異なるっていうから、大変だ。

続きを読む