ずっと嫌われていると思っていました その1

何でもないことなのに、無性に腹が立ったり、傷ついたりすることってあるよね。

理由がないのにさ。

 

まださ、理由があるならわかるよ。

あいつが悪い、こいつのここがイケない。直せよ。関わるのよそう。

いくらでも対策が取れる。

続きを読む

保護中: 魂はどこにある?

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

わけもなく応援したくなる 河島亜奈睦

悲しい話しを聴いてください。

人は歌うことを忘れてしまいました。
声は出ます。奏でられる音に合わせることも出来ます。
でも、歌声として聴こうとすると、何も感じないのです。

いい音です。
いい曲です。
いい人です。

続きを読む

おとぎ話 地球ってどんな星? その4

地球ってどんな星? その1
地球ってどんな星? その2
地球ってどんな星? その3

続きを話そうか。

 

宇宙の子たちは、何も言わなくなった代わりに、地球の子に従うようにしたんだよ。

望みを叶えるようにしたの。

欲しがるモノを与えて、地球の子たちがどうなるのか、見続けていたの。

 

「どうして?」

 

宇宙の子からすると、地球の子はとてもとても良い子だったのでね。その子たちがどんな風に世界を創っていくのか見てみたいと思ったからなんだよ。

続きを読む

おとぎ話 地球ってどんな星? その3

地球ってどんな星? その1
地球ってどんな星? その2

続きを話そうか。

 

褒められたって、誰しもあるだろう?
それが悪いことではないのだけれど、褒められる為に、褒められない事が必要だとは気づけなかったんだ。

出来ている子が素晴らしく、出来ていない子は“要らない子”として扱われるようになってしまったんだよ。

それは、人として歪んだ形での「成長」であったんだ。

競い合うことそのものがいけないのではなく、相手の改善できない欠点を突いて、貶めることに物事の法律とか、規律や道徳が定まっていったからなんだよ。

続きを読む