おとぎ話 地球ってどんな星? その2

地球ってどんな星? その1

 

続きを話そうか。

 

地球の子と宇宙から来た子は、そりゃあもう仲良く暮らしたんだ。

何もかも上手くいっていたの。

沢山与えた分、沢山尽してくれた。

宇宙から来た子は、どんな地球の子の姿も愛したし、それを否定しなかったの。

地球の子は、我先にと宇宙から来た子の思いを汲み取ろうとして、地球の子同士で、宇宙の子を見習うようにしたつもりの姿が争いだったの。

これには宇宙から来た子はガッカリしてね。

やめさせたいのだけれど、何を言っても誤解しか生まれなくて、修正しようとすればするほど、誤解が広がっていったの。

続きを読む

おとぎ話 地球ってどんな星? その1

今日からは、少しだけこの星の話しをしていこう。

 

「え、どこの星?」

そりゃ、もちろん地球って星のことだよ。

おとぎ話だから、信じちゃダメだよ。

創作だからさ。どれだけ何を想像できたか? って披露しているってなものだよ。

どうだい? ワクワクするかい?

 

「うん」

続きを読む

わかり合えないなんて言うなよ

人の心はさ、幾重にも複雑なものが絡み合っていて、簡単には紐解けたりはしない。

誰もが自分の目の前に来る現実ってものに、打ちのめされて、励まされて、迷いながら進んで行く。流されることもあるし、自分で踏み出していく事だってある。

 

かけがえのない日常。

 

守らなければならないのは、そんな在り来たりの毎日。

続きを読む

楽しいことを探している

楽しいことずっと探している。

 

言霊師なんて怪しく自称するカウンセラーがお届けする、幸せ気分に浸る方法論、少し読んでいきませんか?

 

何もないところから、楽しさとか、素敵なことを生み出すのって難しいんです。

続きを読む