見つけた

諦めることを覚えると、苦しくなることを知らない。

否定されぬよう、間違わぬようにと正しさを教えられた人は、迷子になる。

続きを読む

誰も助けてくれないと思った3歳の私

次は17歳かと思って内観していたら、初彼女との関係が浮上して来た。
何を本当にしたかったのかわかって安心(公開せず)。
んで、次は23歳か? とか思ったが、まだ何かあるな?

そんな風に思って、視点を切り替えて「検索」してみたら何かヒットした。

続きを読む

11歳、1月、その日私はいなくなった

今日は休み。
「休めるものなら休んでみろ」という言葉に従ってみようと思って、能動的な活動をやや控えてみる。
午前中はほぼ何もせずに過ごした。
うん、休みらしい感じだ。
多分、きっとそうだと思う。
休み方を人に伝えつつも、少々休むと活力が戻るので、何かしたくなってしまうのが良くないのだと思うが、まぁ、性分なのかな? とかも思う。
それと、そうしたいからしていたい気持ちに従うとこんな風になるというのだろうか。

続きを読む

ソワソワしていたあの頃に帰る

何も出来なかった頃の無力で、どうしようもない小学生時代の頃を思い出すようになった。

心の事で仕事をするようになり、6年目を迎えている。

どうにかこうにか、これ一本でやって来られた。

続きを読む

優しい人がほしい

わがままと、我がままと、我が儘があると最近講座で話すようになった。

敢えて、平仮名と漢字交じりと漢字とで3つに分類したが、このニュアンスの違いを文字で感じ取るなんて果たして出来るだろうか?

続きを読む

幸せをあなたに贈りたい

タイプ別性格傾向講座やってきました。

初講座は、感覚が摑めないからどうしようかと思うけれど、いつも本番はそんな感じ。

用意していても、用意していた通りに話していかない。 続きを読む

いつも側にあなたがいる

日常のさりけないやりとりが幸せそのものを指したりする。

だから、重大なトラブルが発生し、それが日常に戻るまでの事件が映画になり易い。

漫画好きな私も、そんな安息な日々が突如壊されてしまうなんて展開は好きだ。 続きを読む

何も出来なかった私が、いつしか笑いの中心にいた

最近は、マッチングビジネスがはやり、双方にメリットがあることが大事だとされていることが伝えられている。けれども、結局は抽象的な曖昧さが残る解説で、具体的に言っているように見えるが、その実何も伝えていないことも多い。

続きを読む